ここから本文です

みんぱく一新、約10年越しの工事完了

Lmaga.jp 6月17日(金)6時0分配信

「万博記念公園」(大阪府吹田市)にある「国立民族学博物館」(通称・みんぱく)で6月16日、「中央・北アジア/アイヌの文化」展示がリニューアルオープンした。

極寒のシベリア地域にはシロクマの毛皮も展示

同館は、世界のさまざまな民族文化を研究し広く伝えることを目的として1977年に開館。常設展示では世界をエリアごとに分け、衣食住や民族文化を紹介する。展示物にふれたり撮影も可能で、各文化を物語る豊富な展示は「ワンコインで世界旅行気分を味わえる」、と人気だ。2007年に開館30周年を迎えたのを機に、「世界各国の現地に住む人たちの意見を取り入れ、生活感ある展示を」とエリアごとに順次リニューアル。この「中央・北アジア/アイヌの文化」エリアのオープンにより、本館展示のリニューアルが約10年越しに完成した。

カザフスタンやウズベキスタン、モンゴル、ロシアなどを指す中央・北アジア地域は、日本から距離的には近いがアクセスが悪く、ヨーロッパに行くより時間がかかる場所もある。同館の池谷和信教授は、「中央・北アジアは行きにくく研究者も少ない。だからこそ、『みんぱく』が日本でいちばん、この地域の文化に豊富にふれられる場所ではないか」と胸を張る。中央アジアの陶器や衣装のきらびやかな装飾、自然とともに生きる北アジアの素朴な狩猟・遊牧文化にはきっと心動かされるはずだ。

新展示オープンを記念し、6月から7月にかけて中央・北アジア地域の民族音楽コンサートや映画上映など、さまざまなイベントが開催。12月からはアイヌ文化のイベントが行われる。詳細は公式サイトにて。

取材・文・写真/合楽仁美

最終更新:6月17日(金)6時0分

Lmaga.jp