ここから本文です

宮藤官九郎「ほとんど素顔見てない」

Lmaga.jp 6月17日(金)21時52分配信

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の舞台挨拶が17日、大阪市内で行われ、主演の長瀬智也と宮藤官九郎監督が登場した。

インタビューに答える宮藤官九郎監督

不慮の事故で地獄へ落ちてしまった思春期全開の高校生・大助(神木隆之介)が、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギター・赤鬼のキラーK(長瀬)と出会い・・・という本作。宮藤監督は「最初から、長瀬くん主演で、ロックのバカバカしい振り切れたコメディーをやりたいなって思っていて。長瀬くんも言いたいことをわかってくれてて、『地獄で鬼なんだけど』っていったら、すぐに『いいっすね!』って(笑)」と、長年タッグを組んできた2人らしいエピソードを語った。

「地獄のセットを組んで撮影してたんで、長瀬くんもそうですし、桐谷(健太)くんとか清野(菜名)さんとか地獄図のメンバーは、毎日おはようございますっていう時からあの格好でしたから。ほとんど素顔見てないですね(笑)」と、撮影現場を振り返った。

また、地獄を舞台にした本作にちなんで「最近地獄だと思ったこと」を聞かれた宮藤監督は、「携帯電話の機種変ですかね。データをバックアップしてほしいんですけど、規則でできないらしく、いろんなショップをたらい回しにされて。長瀬くんの連絡先も消えちゃったり。1日かかって結局、機種変できなかった」と苦労を語ったが、最後には「・・・何の話してんだろ」と、はっと我に返っていた。映画は6月25日に公開される。

最終更新:6月17日(金)22時39分

Lmaga.jp