ここから本文です

リカルド、レッドブルと契約延長の報道。若手昇格のチャンスは当面なしか

オートスポーツweb 6月17日(金)7時17分配信

 ダニエル・リカルドがレッドブル・レーシングとの契約を2018年末まで延長したようだ。レッドブルは最低でもあと2年半はリカルドとマックス・フェルスタッペンのラインアップを維持する見込みだ。

カナダGPで 「ドライバー・オブ・ザ・デー」を受賞したマックス・フェルスタッペン

 レッドブルがリカルドの契約オプションを行使し、彼が2018年末までチームにとどまることが確実になったとSky Sportsが報じた。

 スペインとモナコでチームのミスによってリカルドは勝利のチャンスを失った。カナダGPの週末、リカルドは、自分にとってはF1タイトル獲得が唯一の望みであり、レッドブルでそのチャンスがないのであれば他のチームに行くと述べていた。

 しかしアゼルバイジャンでのヨーロッパGPの週末、リカルドが契約延長を認めたとSky Sportsが伝えている。

「契約が長期におよぶことは以前から分かっていたことだ。ある意味、これだけの期間になることは決まっていた」とリカルド。

「でもそれはパフォーマンス次第だった。(レッドブルのモータースポーツアドバイザーである)ヘルムート(・マルコ)とチームは僕の仕事に満足している。僕とマックス(・フェルスタッペン)に満足し、僕らを残すことを望んでいる」



 リカルドは、2017年の空力レギュレーション変更がレッドブルにとって有利に働くと予想している。また、レッドブル以外には王者メルセデスしか魅力的なシートはなかったと述べている。

 メルセデスとルイス・ハミルトンは2018年まで契約を結んでおり、ロズベルグに関しては現在契約延長に関して交渉中だ。

「今のところここ(レッドブル)が一番いい場所のように感じる。メルセデスが(ドライバーラインアップを)変更しないなら、他には魅力的な場所はない」とリカルド。

「それに来年の規則は(レッドブルに)とても有利に働くと考えている。2017年にはタイトルを争えることを願う」

 フェルスタッペンに関しては、スペインGPでダニール・クビアトと交代する形でトロロッソからレッドブルに昇格した際、長期契約が結ばれたと考えられており、2018年まではレッドブルは今のラインアップでいくことになるとSky Sportsは伝えている。

 ロイターによると、マルコは今週、リカルドが2018年まで残るのは間違いないと発言したという。チーム代表クリスチャン・ホーナーは、Formula1.comのインタビューにおいて現在のラインアップを来年も維持するかと聞かれ「イエス。だが2017年だけではない」と答えていた。

 トロロッソで現在優れたパフォーマンスを見せているカルロス・サインツJr.は、いずれレッドブルに加入してタイトルを狙いたいと述べているが、当面その可能性は絶たれたことになる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月17日(金)9時49分

オートスポーツweb