ここから本文です

ハミルトン「F1シミュレーターとTVゲーム、学べる量に大差ない」

オートスポーツweb 6月17日(金)20時39分配信

 ルイス・ハミルトンによれば、メルセデスのシミュレーターでドライブしても、コンピューターゲームをプレイしても、サーキットについて学べることは「それほど違わない」という。 

 近年のF1では、サーキットでのテストが規則で厳しく制限されていることもあり、シミュレーターは必要不可欠なツールと言っても過言ではない。しかし、メルセデスのチームメイト、ニコ・ロズベルグは、メルセデスが作成した新しいバクーのストリートサーキットのシミュレーションには、いくつかの部分で「違和感があった」と語っている。そしてハミルトンも、このツールの限界を感じて、今週末のヨーロッパGPまでにシミュレーターではわずか8周しか走らなかったという。

「僕はあまりシミュレーターには乗らない。まだ完璧とは言えないからだ。もちろん、さらに改善しようと努力はしているけどね」とハミルトンは言う。

「とにかくシミュレーターで長時間を過ごすことはない。マクラーレン時代にイヤというほどやらされたしね。100ポンドで買えるプレイステーションでも、同じくらいのことは学べるよ」

 シミュレーターはドライバーよりも、むしろエンジニアたちの役に立つと、ハミルトンは考えている。シミュレーターでは、実際にクルマを走らせるときの身体的な感覚を完全に再現することはできないからだ。


「シミュレーターでのドライブは、やはりホンモノと同じではないね。まずシミュレーターでは気持ちが高ぶらない。それにシミュレーターに乗るときは、自分の感覚をシミュレーターに合わせる必要があるけど、クルマに乗るときにはそんなことは考えない。ただドライブするだけだ。そして、自分の感覚をどこまで合わせていこうと、結局シミュレーターではマシンの動きや路面のバンプを実物のようには感じられない」

「日曜にあるコースでレースをしたあと、月曜にシミュレーターで同じコースを走ってみると、あったはずのバンプはないし、縁石の形状も違ったりして、同じスピードにはならないんだ。それにシミュレーターではスピード感が希薄で、身体的な感覚に伝わってくるものがない」

「燃料消費とか、パワーの使い方とか、空力とかの面で、エンジニアはいろいろ学べるだろうけどね」
 また、ハミルトンは最近ではコースを歩いて回ることもなくなったと明かしている。グランプリの週末にドライバーがスタッフと一緒にコースを歩くことは、多くのチームで習慣になっている。

「フォーミュラ・ルノーの時代から、F1での3年目か4年目くらいまでは、僕もコースを歩いていた。だけど、歩いてみたからといって、その週末の何かが変わるわけではなかった。実際、2010年あたりから歩くのはやめてしまったけど、何の問題もないよ。他のドライバーにとっては役に立つのかもしれないが、僕にはあまり意味がないんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月17日(金)20時40分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]