ここから本文です

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』×『機動戦士ガンダム』衝撃的ポスター解禁

Billboard Japan 6月17日(金)18時5分配信

 空前のディザスター映像で大反響を呼んだメガヒット作『インデペンデンス・デイ』。20年の時を経て、映画史に刻まれる超大作の新章『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(http://y2u.be/DY1jMId99Cs)が2016年7月9日に公開となる。本作品と『機動戦士ガンダムユニコーン』のコラボレーションが実現し、衝撃的なポスターが解禁となった。

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』劇中カット

 人類がエイリアンとの壮絶な死闘に勝利を収めてから20年。30億人の尊い命を失った人類は、新たな襲来に備えるため、エイリアンの宇宙船の技術を基に地球防衛システムを構築した。そして2016年7月、新たに地球へやってきたエイリアンは想像をはるかに超える進化と巨大化を遂げ、重力すらも自在に操り、NY、ロンドン、パリ、シンガポール、ドバイといった各国の主要都市を次々に壊滅させる。敵の猛攻撃にさらされ、防衛システムを無力化された人類は、瞬く間に滅亡の危機に瀕していく。 

 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は、登場人物も時間経過も『インデペンデンス・デイ』から、そのまま20年後として描かれた世界が舞台となっており、前作の闘いは序章にすぎなかったとさえ思わせる壮大なストーリー、革新的に進化を遂げた別次元の破壊スペクタクルが展開する。一方で『機動戦士ガンダムユニコーン』は、『機動戦士ガンダム』から続く“宇宙世紀”を舞台とした物語の新章として、当時のキャラクターが成長した姿で新たな物語にも登場。時の流れに準じた壮大なストーリー展開という共通点から今回のコラボレーションが実現した。

 到着したポスターには、アメリカ合衆国全土を覆うほどの巨大な宇宙船が、ユニコーンガンダムを襲撃しようとしている様子が描かれている。「この日が来ることをガンダムもわかっていた。」というコピーと共に巨大な宇宙船に立ち向かうユニコーンガンダムはデストロイモードで、NT-Dが発動されおり、万全の戦闘体制で立ち向かおうとしていることが分かる。このコラボポスターは全国の劇場(一部劇場を除く)で明日より掲出予定。

 ※機動戦士ガンダムユニコーンは映画本編には登場しません

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.



◎映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
2016年7月9日(土) TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、リアム・ヘムズワース 
配給:20世紀フォックス映画

最終更新:6月17日(金)18時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。