ここから本文です

ピーター・ガブリエル、故モハメド・アリにインスパイアされた新曲公開

Billboard Japan 6月17日(金)18時5分配信

 ピーター・ガブリエルが先日他界したモハメド・アリを偲び、およそ7分半にもおよぶ新曲を公開した。

 ガブリエルは6月16日、「I'm Amazing」と題された曲を公開。同曲では、“私を見ろ、私を見ろ、私がしたことが見えるか? なぜなら私は素晴らしいから”などと歌っている。

 フェイスブックに投稿した記事にてガブリエルは、同曲は2、3年前に書いたもので、部分的に“モハメド・アリの人生と苦悩にインスパイアされた”と説明。「彼が亡くなった時、多くの人々が彼の人生とその全ての功績をたたえている。これをリリースするのに相応しい時のようだ」と綴っている。

 家族によると、モハメド・アリは6月3日に“自然発生による敗血症性ショック”のため亡くなったという。

 2013年のコンサート映画『Back to Front: Live in London』およびライブ・アルバムにフィーチャーされた「Why Don't You Show Yourself」以来、ピーター・ガブリエルのおよそ3年ぶりの新曲となる「I'm Amazing」は、現在YouTube上で聴くことができる。



◎Peter Gabriel - I'm Amazing
https://www.youtube.com/watch?v=t_OtfstmDgo

最終更新:6月17日(金)18時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。