ここから本文です

LOVE PSYCHEDELICO 約3年ぶり新曲MV公開 16年目の“瞬間(いま)”表現

Billboard Japan 6月17日(金)18時5分配信

 6月22日に配信シングル「This moment/C’mon, it’s my life」をリリースするLOVE PSYCHEDELICO。それぞれのMVが完成し、約3年ぶりの新曲MVとして公開された。

LOVE PSYCHEDELICO 関連写真一覧

 「This moment」のMV(https://youtu.be/RULvWMf3pTE)は、数々の“瞬間”を切り取ったセットの中でKUMIとNAOKIのシルエットが浮かび上がり、ギターを力強く演奏するシーンが印象的な映像。もう一方の「C’mon, it’s my life」のMV(https://youtu.be/0vHVA0m33ao)は、8mmフィルムで撮影した2人のある1日を、カントリーフレイバーなNAOKIのギターリフと解放感のあるKUMIのボーカルを重ね合わせ、2人が過ごしてきた日々を感じられる内容になっている。

 なお、2曲のMVのディレクションを手掛けたのは、新進気鋭の監督Mitch Nakano。過去と現在、対となった「This moment」と「C’mon, it’s my life」のMVはそれぞれ別の角度から切り取ってはいるが、どちらもデビュー16年目に突入したLOVE PSYCHEDELICOの“瞬間(いま)”を表現している作品となっている。

 「This moment」は『ジャックス』CMソング、「C’mon, it’s my lifee」は『GOODYEAR』CMソングとして、サビのメロディは既にCMでも聴き馴染みのある2曲ではあるが、映像と共に聴いてみると、印象的なギターリフ、溢れ出るメロディー展開、独特な歌の節回し等、作品としてのクオリティの高さが十二分に感じられる。

 それぞれのMVのフルバージョンは、GYAO!にて独占公開中となっている。

最終更新:6月17日(金)18時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。