ここから本文です

『ワイスピ8』に70歳の大女優ヘレン・ミレン参戦 車の運転にも興味あり!

クランクイン! 6月17日(金)13時15分配信

 映画『クィーン』(07)や最近はアクション映画『RED』シリーズにも出演した御年70歳の大女優ヘレン・ミレンが、人気カーアクション・シリーズ『ワイルド・スピード』第8弾に出演することを肯定したという。役柄については不明。

【関連】「シャーリーズ・セロン」フォトギャラリー


 ヘレンは「エル」米国版でのインタビューで出演作を選ぶ話になると、「映画と演劇に携わっていきたいけど、特に映画では共感できるものがいいわ。シリアスな作品がいいわね。そうは言っても『ワイルド・スピード8』には出演するわ。でもそれは楽しむためよ」と語ったという。「つまりそれも望んでいるということかしら。楽しくて関連性があって、シリアスで重要な作品に出演したいわ」と続けた。

 出演することを肯定したのか確認すると、「ええ、出演するわ」と明言したヘレン。車の運転が好きか問われると、「“運転させてもらえるなら出演をOKしてもいいわ”と伝えたのよ」と車好きであることを明かしている。

 『ワイルド・スピード』第8弾は、映画『ミニミニ大作戦』(03)のF・ゲイリー・グレイ監督がメガホンをとる。オスカー女優シャーリーズ・セロンが悪役サイファーで出演することが決まっており、ヘレンの出演で女優陣の勢いがさらに増すことになる。

 ほか、ヴィン・ディーゼルやミシェル・ロドリゲスらオリジナルキャストに加えて、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセルなども続投。新キャラクターの役でクリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドも出演する。

 『ワイルド・スピード』第8弾は、2017年4月14日全米公開予定。

最終更新:6月17日(金)13時15分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。