ここから本文です

『スーパーガール』出演のスーパーマン役俳優が決定!

クランクイン! 6月17日(金)19時0分配信

 今秋に放送予定のシーズン2より、米CBS局から若年層をターゲットにする米CW局に移る人気海外ドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』。そのシーズン2の最初の2話にスーパーマンが登場すると伝えられていたが、海外ドラマ『ティーン・ウルフ』にデレク役で出演した俳優タイラー・ホークリンがスーパーマン役に決定した。

【関連】『SUPERGIRL/スーパーガール』フォトギャラリー


 CW局が公式ツイッターなどにタイラーの写真とスーパーマンのイラストを並べたものを投稿し、「鳥だ…、飛行機だ…、いやスーパーマンのタイラー・ホークリンだ」とツイートしてキャスティングを伝えた。製作総指揮のアンドリュー・クライスバーグは「グレッグ(・バーランティ/企画)と僕は常々タイラーと仕事したいと思っていたので、タイラーがスーパーマンになって万事うまくいきました」と、声明を通じて喜びを語っている。

 スーパーマンはこれまで、スーパーガールことカーラ(メリッサ・ブノワ)が話題にし、2人が会話するとことはあっても、姿を見せることは一度もなかった。スーパーマンは最初の2話に登場するが、その後も登場する可能性があるという。

 タイラーは最近ではリチャード・リンクレイター監督の新作『Everybody Wants Some!!(原題)』に出演した。同作ではメリッサの夫で『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン1にアダム・フォスター役でゲスト出演した俳優ブレイク・ジェナーと共演している。

最終更新:6月17日(金)19時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。