ここから本文です

田中雅美、“ニモ”を水泳選手にたとえると「北島康介」 おちゃめなエピソード披露

クランクイン! 6/17(金) 21:35配信

 映画『ファインディング・ドリー』の日本公開に先駆け、本作を一早く観られるスペシャル・プレビュー イベントが17日、都内にて行われ、スペシャルゲストとして、同じく水の中で活躍した元競泳選手の田中雅美が登壇した。シドニーオリンピックで獲得した銅メダルも持参した田中。“ドリー”のキャラクターを水泳選手にたとえたトークなどで盛り上げた。

【関連】『ファンディング・ドリー』スペシャル・プレビューイベント<フォトギャラリー>


 『ファインディング・ニモ』の冒険から1年後の世界を描く続編。ニモやマーリン、カメのクラッシュなどお馴染みの人気者たちに、タコのハンクやジンベエザメのデスティニーが新たに加わり、海の生き物にとって禁断の場所である“人間の世界”を舞台にドリーの家族と、その秘密を探す感動の冒険が繰り広げられる。

 田中が演じるのはドリーの家族の思い出に繋がる“マカジキ”役。セリフは一言だったが、初アフレコにとまどうことも多かった。「セリフのニュアンスとか、声を出すトーンとか難しく、また『わざとらしすぎる』と注意していただいたり、一言のセリフに10回以上やりました」と苦笑いする。

 この作品を通して、オリンピックのメダルに向かって頑張っていた自分を思い出したという田中。「いろんな試練やハプニングに見舞われ、くじけそうになることも多いですが、周りの人たちの支えで頑張ることができた」と、通じる部分を感じたという

 また、“本作のキャラクターを水泳選手でたとえると…”という企画も行われた。まず“ドリー”は、田中の友人でもある、バルセロナ五輪金メダリスト・岩崎恭子だという。「『最近物忘れが激しいんだ』と言ってたこともあるんですけど(笑)、恭子ちゃんはものすごく芯が強くて前向き。中学生の時に金メダルを獲ってから過剰に期待されたりいろんな苦労をしてきたと思うんですけど、前向きに頑張ってきた」ところが似ているという。

 そして“ニモ”に似ている選手に北島康介を挙げた。「高校生の頃からチームを引っ張っていく才能はあったけど偉ぶらない。アテネ五輪の時にはミーティングでシリアスな空気になっている時、『耳がでっかくなっちゃた』って小道具を使ってギャグをやり出したんです。そんな周りを和ませるところがニモに通じます」と語った。

 ちなみに田中自身はジンベエザメのデスティニーという。「現役時代は身体が大きく、プロレスラーに間違われるくらいだったから」と笑った。

 映画『ファンディング・ドリー」は7月16日、全国ロードショー。

最終更新:6/17(金) 21:35

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]