ここから本文です

冷凍車の工場稼働 トランテックス

北國新聞社 6/17(金) 3:01配信

 トラックボディー製造のトランテックス(白山市)は16日、冷凍バンの新組立工場のラインオフ式=写真=を行った。荷台を箱で覆っているバン型トラックのうち、冷凍バンの専用ラインを設けることで、工場全体の生産能力を高め、納期短縮を目指す。冷凍バンの年間生産能力は1・5倍に拡大する。

 同じ日野グループであるジェイ・バス(小松市)に昨年12月、バス車体のプレス部品生産を移管しており、これにより空いた建屋を活用して新工場を設けた。敷地面積は4427平方メートル、投資額は約4億3千万円となる。

 トラック需要は、原油安により燃料費負担が軽減した物流業者の更新需要が高まり、トランテックスでは受注から納入まで約1年待ちの状況という。昨年度は過去最高の9957台を生産し、今年度は1万台超えを目指す。式では海川昇社長があいさつした。

北國新聞社

最終更新:6/17(金) 3:01

北國新聞社