ここから本文です

全業種でDI悪化 富山県中小中央会

北國新聞社 6月17日(金)3時1分配信

 富山県中小企業団体中央会がまとめた4月期の景気動向(DI)調査によると、売上高はマイナス27・6と前回(1月期)より2・8ポイント悪化した。卸売業が前回のマイナス5・9から同29・3、運輸・サービス業がマイナス2・4から同22・0となるなど全業種でマイナスとなった。

 売上高の見通しも前回のマイナス23・1から同29・4に悪化した。経営上の問題に関しては、「受注・売上の停滞、減少」「従業員の確保難」「競争の激化」を挙げる企業が多かった。県内の279社が回答した。

北國新聞社

最終更新:6月17日(金)3時1分

北國新聞社