ここから本文です

梅雨彩るタチアオイ 犀川

北國新聞社 6/17(金) 3:06配信

 16日の石川県内は梅雨前線の影響で雲が広がり、夕方は雨が降った。南から暖かい空気が流れ込んだため、最高気温は輪島31・2度、金沢と小松、羽咋は30・3度を記録し、県内4観測地点で真夏日となった。輪島と志賀の29・6度は今年最高を観測した。

 金沢市御影町の犀川河川敷では、梅雨時期に咲くためツユアオイ(梅雨葵)の別名を持つタチアオイがピンクや白の花を100輪以上咲かせ、散歩やランニングする住民らの目を楽しませた。

北國新聞社

最終更新:6/17(金) 3:06

北國新聞社