ここから本文です

紙の可能性を体感 金沢ペーパーショウが開幕

北國新聞社 6月17日(金)16時40分配信

 第45回金沢ペーパーショウ(北國新聞社主催)は17日、金沢市の石川県産業展示館1号館で開幕し、来場者は紙から生まれた個性豊かなアート製品に触れ、紙の可能性を体感した。

 紙の総合商社「竹尾」(東京)は名刺やポスターなど新製品を展示して最新の印刷技術を紹介したほか、中越パルプ工業(高岡市)は国産の竹材を100%使用した「竹紙」をPRした。

 石川県内のデザイナー約20人による展示「デザイン寄席」もにぎわった。会場では和傘作りの実演や紙すき、折り紙などの各体験コーナーも設けられた。19日まで。

北國新聞社

最終更新:6月17日(金)16時40分

北國新聞社