ここから本文です

コパ・アメリカの観客総動員数が100万人に迫る…決勝T初戦で大台突破へ

SOCCER KING 6月17日(金)7時1分配信

 南米サッカー連盟 (CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長が、コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の観客総動員が間もなく100万人に到達することを明らかにした。メキシコ『レコルド』紙の電子版が伝えている。

 ドミンゲス会長によると、グループステージ24試合の層動員数は99万291人で、100万人まであと9709人と迫っている。

 16日には準々決勝の初戦、アメリカ代表対エクアドル代表戦が行われるが、この試合で100万人を突破するのは確実な状況だ。

 なお、ここまでの平均入場者数は、1試合あたり4万1262人。最多の観客を動員したのは、9日にカリフォルニア州のローズボウルで行われたメキシコ代表対ジャマイカ代表の一戦で、8万3263人を動員している。

 対戦カードによっては空席も目立っている今大会だが、各スタジアムの規模が大きいだけあって動員数は上々。最終的に、どれだけの観客がスタジアムを訪れることになるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月17日(金)7時1分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。