ここから本文です

INAC神戸退団の川澄、移籍先は米シアトル・レイン…2014年に在籍

SOCCER KING 6月17日(金)10時3分配信

 プレナスなでしこリーグ所属のINAC神戸レオネッサは17日、前日に退団を発表していたFW川澄奈穂美がシアトル・レイン(アメリカ)へ完全移籍することを発表した。

 川澄は移籍に際し「この度、シーズン途中ではありますが、アメリカのシアトル・レインFCに移籍することになりました。INACでの約8年間、本当にありがとうございました。INACは私にとってまさにホームです。これからもINACへのご声援、何卒よろしくお願い致します」とコメントしている。なお、シアトル・レインは6月2日になでしこジャパンMF宇津木瑠美の獲得を発表しており、川澄は宇津木とチームメイトになる。

 川澄は1985年生まれの30歳。2008年に日本体育大学からINAC神戸に加入した。加入1年目からリーグ戦出場を果たし、なでしこジャパン(日本女子代表)でもデビューを果たす。2011年には代表初ゴールを挙げ、同年のドイツ・ワールドカップ出場を果たすと、準決勝のスウェーデン女子代表戦で2ゴールを記録するなど、チームの優勝に貢献した。翌2012年のロンドン・オリンピックでも準優勝を果たすなど、なでしこジャパンの主力選手として活躍してきた。

 2014年3月にはシアトル・レインにレンタル移籍で加入。ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のベストイレブンに選出される活躍を見せ、同年9月にINAC神戸へ復帰した。キャリア通算で、なでしこリーグ通算155試合出場60ゴール、国際Aマッチ通算82試合出場20ゴールを記録している。

 INAC神戸の発表によると、川澄が同クラブの一員として活動するのは19日のプレナスなでしこリーグカップ、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦が最後となる。

SOCCER KING

最終更新:6月17日(金)10時3分

SOCCER KING