ここから本文です

ガイタン加入のアトレティコ、イグアインにも関心…高額移籍金が障害に

SOCCER KING 6月17日(金)12時28分配信

 アトレティコ・マドリードがナポリ所属のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに関心を寄せていることが明らかになった。16日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙によると、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督がイグアインの獲得を熱望している模様。シメオネ監督は同選手の決定力がチャンピオンズリーグ制覇に向けて必要になると考えているようだ。また、リーガ・エスパニョーラでのプレー経験があることもプラスに評価している。

 しかし、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、イグアインの移籍金として9000万ユーロ(約105億円)を設定しているようで、交渉の大きな障壁と考えられている。また、同選手にはパリ・サンジェルマンやリヴァプールなども興味を示しており、争奪戦が予想される。

 現在28歳のイグアインは2013年7月にナポリへ加入。これまでに同クラブで公式戦通算146試合に出場し91得点をマークしている。

 すでにベンフィカに所属するアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタンの獲得を発表したアトレティコ・マドリード。来シーズンのタイトル獲得へ向けて更なる補強に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:6月17日(金)12時34分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。