ここから本文です

【予想スタメン】相性面で優位に立つアウェー甲府、去就に注目が集まるエースは昨季仙台戦で4発を記録

SOCCER KING 6月17日(金)20時0分配信

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節
6月18日 19:00 ベガルタ仙台 vs ヴァンフォーレ甲府(@ユアテックスタジアム仙台)

■ベガルタ仙台 リーグ戦3連勝中で勢い十分、今節はDF渡部博文が出場停止のため連係面にやや不安

 ベガルタ仙台はここ2年、甲府の堅守に手こずる試合が多く、2013年のJ1第18節を最後に勝利がない。特に今季は攻撃を強化しながらチームを作っているために、いかにして甲府の守備を破るかが問われる。

 また、守備面でも注意すべきことがある。まず、渡部博文が累積警告により出場停止となる。これまでにセンターバックを務めたことがある大岩一貴が中央にスライドし、彼の抜けた右サイドバックには蜂須賀孝治が入る形が濃厚だが、カウンター対策など連係をしっかり確認したいところ。また、甲府の攻撃の中心であるクリスティアーノは、柏レイソル所属時代の昨季に、天皇杯準々決勝で仙台を相手にして直接FKでハットトリックを記録したことがある。この“飛び道具”にも警戒したい。

 仙台はリーグ戦3連勝中で7得点を記録した攻撃をさらに磨くことで、相手を押し込んでカウンターのチャンスも与えない試合運びをしたいところ。そのためには攻撃手段を多く持つ必要があるが、そのアイディアをもたらす存在としては水野晃樹に期待したい。途中出場が多いが、彼が左右両足から繰り出す多様なクロスや、相手を抜き去るドリブルは間違いなく大きな武器になるだろう。何より、甲府は水野にとって古巣だ。また、トップチームに続くように、12日にはJサテライトリーグで若手中心のチームが鹿島アントラーズを1-0で破った。彼らがチーム力を底上げすることによって、さらに勢いが生まれることにも期待したい。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
蜂須賀孝治
大岩一貴
平岡康裕
石川直樹
MF
奥埜博亮
富田晋伍
三田啓貴
梁勇基
FW
野沢拓也
ハモン・ロペス

■ヴァンフォーレ甲府 前節はリーグ戦9試合ぶりの白星、仙台本拠地では3年間負けなしと好相性

 9試合ぶりに勝利したリーグ戦第16節のアビスパ福岡戦は、実に開幕戦以来となる無失点ゲーム。最終ラインでプレーした橋爪勇樹が「ワンプレーごとに細かくポジションを変えたり、ライン上げたりした。当たり前のことを当たり前に、小マメにずっとやり続けることで、守備は強固になる」と言うように、リーグ最多失点のチームに光明の差し込む一戦となった。今節も土屋征夫、山本英臣は欠場が濃厚。前節と大きくスタメンは変わらない見込みの中、「福岡戦にしっかり勝てたことは良かったけど、続かないといけない。ここで大敗するようなら、勝った意味がなくなってしまう」(河田晃兵)ことは、誰もが認識している。

 現在リーグ戦3連勝中の仙台について、佐久間悟GM兼監督は「規律正しく迷いなく連動している。中でも、ハモン・ロペスのカウンター、梁勇基の構成力、奥埜博亮の飛び出しには注意が必要」と、警戒を強める。

 反対に、仙台サイドから最も警戒されるのは、間違いなくクリスティアーノだ。何せ昨季は仙台戦3試合4ゴール。12月の天皇杯準々決勝では、FK3発でのハットトリックという離れ業をやってのけたのだ。

 そのクリスティアーノへ、柏から獲得オファーが届いたことが判明。その去就に注目が集まる中、本人は「モチベーションはいつも高い。去年だって9月の段階で、レイソルと契約を更新しないことが決まっていたけど、その後も多くのゴールを決めてきた。FKの調子も良いよ」と、目の前の試合に集中する。ここ3年間、1勝2分と負けのないユアテックスタジアム仙台で、ひとまず周囲の喧騒を忘れるくらいの、エースの大活躍を期待したい。(渡辺功)

■甲府予想スタメン
5-4-1
GK
河田晃兵
DF
田中佑昌
橋爪勇樹
畑尾大翔
新里亮
松橋優
MF
ビリー・セレスキー
黒木聖仁
稲垣祥
クリスティアーノ
FW
チュカ

SOCCER KING

最終更新:6月17日(金)20時8分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]