ここから本文です

【予想スタメン】鬼門に乗り込む横浜FM、大幅なメンバー変更が吉と出るか…大宮は主将が復帰濃厚

SOCCER KING 6月17日(金)20時5分配信

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節
6月18日 19:00 大宮アルディージャ vs 横浜F・マリノス(@NACK5スタジアム大宮)

■大宮アルディージャ 前節の敗戦でステージ優勝の可能性が消滅、菊地復帰で守備の修正を図る

 J1に昇格したシーズンとしては、決して悪くない戦いを見せてきた大宮。しかし、2-0とリードしたリーグ戦第14節のヴィッセル神戸戦を引き分けに持ち込まれると、第15節のアルビレックス新潟戦では早い時間帯に失点を喫し、今季得意としているアウェーゲームでも2敗目を喫してしまった。この2試合の結果、数字上は残っていた1stステージ優勝の可能性が完全に消滅。タイトルという大きなモチベーションが失われた。

 新潟戦では試合運びにも脆さが見られた。開始早々の4分、オフサイドトラップをかけ損ねる形で先制点を許すと、その後もボールの奪いどころがはっきりせず、クリアボールも相手に拾われて、新潟に主導権を握られた。今季、追いかける展開になることは少なかったが、修正力には大きな課題を残した。

 また、攻撃面では試合終盤に途中出場した岩上祐三のロングスロー、ネイツ・ペチュニクや河本裕之の高さを生かしたパワープレーといった武器があることを見せたが、得点にはつながらなかった。試合終盤に見せた勝利への執念、集中力を90分間維持できるかは、今節の横浜M戦でも問われるだろう。

 今節に向けて明るい話題を挙げるならば、前節でベンチ入りを回避していたDF菊地光将が、いよいよ復帰できそうな点だ。守備を引き締め、プレーでチームを鼓舞できる闘将の復帰は大きい。ホームではここ6試合未勝利なだけに、1stステージのホーム最終戦を勝利で飾り、ライバルクラブである浦和を抜き、3位に浮上できる可能性を最終節まで残したい。(totoONE編集部)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
加藤順大
DF
奥井諒
菊地光将
河本裕之
和田拓也
MF
横谷繁
横山知伸
金澤慎
沼田圭悟
FW
江坂任
家長昭博

■横浜F・マリノス ダービーマッチに敗れ連勝ストップ、2ndステージに向けて価値ある1勝を

 リーグ戦第15節は首位川崎フロンターレとの“神奈川ダービー”を0-2で落とした。内容でも圧倒され、リーグ戦の連勝が「2」でストップ。公式戦では6試合ぶりの黒星を喫した。その川崎戦ではボールを長く保持された。隙を突いてカウンター攻撃を仕掛ける狙いもあったが、齋藤学のドリブル突破が頼りで攻撃は活性化せず。反省材料の多い試合となった。

 今節は負傷していた左サイドバックの下平匠の復帰を含め、先発は5人が替わりそうだ。下平と同じく負傷していたため、試合から離れていたGK飯倉大樹とDFファビオが返り咲く。右MFはマルティノスが3試合ぶり先発で、チャンスメークを期待。ボランチはここまで好パフォーマンスを見せていたパク・ジョンスは体調不良で欠場が決定的で、U-23日本代表の喜田拓也が5試合ぶりのスタメンを飾りそう。替わった5人はもともと先発組であり、連係不足の心配はしなくてよさそうだ。ただ、ここ最近は守備陣が安定していたこともあり、この先発大量変更がどうなるか。

 攻撃陣はトップ下で攻撃を操る中村俊輔や、未だリーグ戦では1ゴールの伊藤翔の奮起が不可欠だ。伊藤は2014年の大宮との開幕戦でスーパーミドルを決めている。今節も良いイメージで臨めるだろう。4位大宮とは2連勝中だが、アウェイでは長く未勝利が続いていた鬼門でもある。エリク・モンバエルツ監督は「(大宮は)良いチーム。ポゼッションして、連動性が高い」と警戒する。1stステージも残り2試合。2ndステージへの課題を整理し、攻守とも気持ちを引き締め直したい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-5-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
中町公祐
マルティノス
中村俊輔
齋藤学
FW
伊藤翔

SOCCER KING

最終更新:6月17日(金)20時8分

SOCCER KING