ここから本文です

【予想スタメン】2ndステージで巻き返しを図りたい両チーム…コンディションと勢いは広島に分

SOCCER KING 6月17日(金)20時15分配信

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節
6月18日 19:00 サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ(@エディオンスタジアム広島)

■サンフレッチェ広島 離脱者続出も若手は台頭のチャンス、ウタカと浅野のコンビでゴールを狙う

 2試合連続アウェーでの引き分けを、どう捉えるか。ヴィッセル神戸もFC東京も潜在的な実力は上位に入るチームだということもあり、まずは最低限の結果を出したとも言えるが、内容的にはともに勝利できた。合計4ポイントを失ったともいえる。ポジティブにもネガティブにも捉えることができるこの2試合の結果の捉え方によって、浦和戦に向かうモチベーションも変わってくる。

 とにかく、広島の陣容は厳しい。ミキッチ、水本裕貴、佐々木翔、そして森﨑浩司。いずれも一騎当千、相応の経験を積んでいる猛者たちが負傷離脱し、浦和戦には出場できない。特に広島の肝といえる最終ラインの主力離脱は、大きな痛手だ。塩谷司のリオデジャネイロ・オリンピックに臨むU-23日本代表のオーバーエイジ枠内定もクラブの品格やプライドを高めるという意味では非常に喜ばしいが、一方で彼が離脱する五輪期間は昨年の主力DF4人のうち3人がチームを離れるという異常事態にも。一方で、宮原和也や吉野恭平、大谷尚輝やキム・ボムヨンといった若い選手たちにとってはこれ以上ないチャンス。現実に宮原は、FC東京の質の高いFW陣に対して一歩も引かず、堂々たるプレーを見せた。試合毎の波が大きい若手選手たちだが、ここで彼が安定感を見せることができれば、一気にポジションを奪い取る可能性もある。

 リーグ得点王のピーター・ウタカは強烈な体のキレを見せつけてFC東京戦でもゴールに絡んだ。ウタカのパスをテクニカルにネットへ収めた浅野拓磨は、3月20日の対大宮アルディージャ戦以来、約3カ月ぶりのゴール。この時もウタカのアシストによるゴールだったことを考えれば、この2人の相性は疑う余地はない。リーグ最少失点の浦和からゴールを奪えれば、計り知れない自信となるはずだ。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-6-1
GK
林卓人
DF
塩谷司
千葉和彦
宮原和也
MF
柏好文
青山敏弘
森崎和幸
清水航平
浅野拓磨
柴崎晃誠
FW
ピーター・ウタカ

■浦和レッズ 1stステージ優勝争いから後退、年間優勝に向けて切り替えできるか

 今の浦和は様々な意味で苦しい状況に立たされている。ACLによる未消化分、リーグ戦第10節のガンバ大阪戦をミッドウィークに行ったが、1stステージ制覇に向けて絶対に負けられないこの一戦を0-1で落としてしまった。これで数字上はまだ逆転の可能性を残しているものの、実質的にはゲームオーバーと言って良いだろう。監督、選手のコメントからもそれは伺い知れる。

 ただ、ステージ優勝の可能性がほぼなくなったとしても、それでリーグが終わるわけではない。年間1位のためには今後の試合も重要になってくる。しかし、今の浦和はどん底状態に近いくらい調子を落としている。リーグ戦では4試合勝ちがなく、魔の5連戦は2連敗スタート。あれだけ面白いようにゴールを取っていた攻撃陣の勢いがピタリと止まり、リーグ戦4試合連続ノーゴールと火薬がすっかり湿っている。

 また、昨季の天皇杯で決勝まで進んだことでオフが2週間弱しかなかった影響もあるのだろう、ACLとリーグを並行して戦ってきた選手たちのコンディションは明らかに落ちている。

 今季の浦和は、これまで以上にボールを失った瞬間に奪い返しにいく積極的なディフェンスを志向して戦っている。身体的にフレッシュだったシーズン序盤はそれが機能したが、コンディションを落としている現在はその姿勢がかえって守備を脆くしており、簡単にカウンターからチャンスを作られるシーンが増えている。

 不調の底を打っている現状でプラス材料を見出すのは難しいが、武藤雄樹が復調気味なのはポジティブに捉えられるかもしれない。少し前に調子を落として早めに交代させられることが多かったこと、代表ウィークによるリーグ中断で休養時間ができたことが幸いし、コンディションが戻って動きが良くなってきている。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-6-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
遠藤航
槙野智章
MF
梅崎司
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
李忠成
武藤雄樹
FW
興梠慎三

SOCCER KING

最終更新:6月17日(金)20時19分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。