ここから本文です

【予想スタメン】決定力不足に悩むFC東京、新潟GK守田達弥の牙城を破れるか

SOCCER KING 6月17日(金)20時30分配信

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節
6月18日 19:00 FC東京 vs アルビレックス新潟(@味の素スタジアム)

■FC東京 システム変更が光をもたらす、連戦続きでコンディション面に不安あり

 リーグ戦第15節のサンフレッチェ広島戦は、ボランチからの展開やサイド攻撃を封じるべく、4-4-2にシステムを変更。広島FWピーター・ウタカにサイドを破られ、1失点は喫したが、試合を通じて我慢強く戦い、相手を自由にさせない時間帯が長かった。一方で、前線からプレスをかけてアグレッシブにショートカウンターを狙う機会も多く、状況に応じたメリハリのある戦いができていた。

 ゴールは橋本拳人の1得点にとどまり、決定力不足は解消できていないが、J1初先発となったムリキが攻撃のアクセントとなり、今後に期待をもたせるパフォーマンスを見せた。「誰が出場しても、互いの特長を生かす(城福監督)」というチームの狙いが、徐々に形になりつつあるようだ。

 ただし、今節は5連戦の3試合目。前節も、高い湿度のもとでコンパクトな布陣を保てなくなり、その疲労度やコンディションには不安が残る。また徳永悠平、阿部拓馬も負傷を抱え、万全の状態ではない。

 4-4-2の新潟に対して、同様のシステムで臨むことが予想されるが、メンバーに関しては流動的だ。コンディションを重視し、中盤には水沼宏太や田邉草民ら、フレッシュな選手を起用する可能性もある。

 今節を含めて1stステージはあと3試合を残すFC東京だが、現在2戦連続で引き分けに終わり、今ひとつ波に乗り切れていない。守備の堅さをベースに、ホームアドバンテージを生かして勝ち点3を奪い、少しでも順位の浮上を図りたいところだ。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-4-2
GK
秋元陽太
DF
橋本拳人
森重真人
丸山祐市
小川諒也
MF
東慶悟
米本拓司
高橋秀人
羽生直剛
FW
前田遼一
ムリキ

■アルビレックス新潟 前節は守護神の活躍もあり10試合ぶりの勝利、チーム一丸となって連勝目指す

 リーグ戦第15節の大宮アルディージャ戦は開始早々にチームの狙いが結果につながった。相手サイドバックの背後に松原健が入れた縦パスを端山豪が受け、寄せてきたセンターバックをかわしてクロス。ベテランの成岡翔が泥臭く押し込んで、今季初ゴールとなる先制点をマークした。

 ミーティング含め事前に準備してきたことに、個人の技術、判断がミックスされたゴールが、チームの活力となったのは当然だった。ただ前半、前からプレッシャーを掛け、コンパクトな陣形を保った分、チームは消耗。後半は大宮に押し込まれる展開が続いた。そこで立ちはだかったのが、3試合ぶりに出場したGK守田達弥だ。打撲した左手首の痛みは完全には引いていないものの、集中した素早い反応でゴールを割らせず、完封に貢献。自身は4試合連続完封と相変わらずの安定感を示した。攻守がかみ合った大宮戦は、10試合ぶりの勝利に。何より選手の気迫が前面に出た勝ち点3となった。

 その大宮戦前日に選手とスタッフに伝えられていたのが、ルーキーの早川史哉が急性白血病で闘病中であることだった。大宮戦のオフ明けにはクラブが公表。プレーと結果で早川とともに戦おうと、チームは一層結束している。

 今季初の連勝が懸かるFC東京戦に向けたトレーニングでは、先月末からコンディション不良で離脱していた前野貴徳が合流。内容的にはフィジカルトレーニングの要素がいつもより濃かった。走り切れる準備をして、チームは味の素スタジアムに乗り込む。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
松原健
舞行龍ジェームズ
大野和成
コルテース
MF
加藤大
小林裕紀
レオ・シルバ
成岡翔
FW
端山豪
山崎亮平

SOCCER KING

最終更新:6月17日(金)20時31分

SOCCER KING