ここから本文です

イタリアが2戦連続完封勝利で決勝T進出…土壇場のエデル弾でスウェーデン下す

SOCCER KING 6月17日(金)23時53分配信

 ユーロ2016・グループステージ第2節が17日に行われ、グループEでイタリア代表とスウェーデン代表が対戦した。

 初戦でタレント軍団のベルギー代表を破り、白星スタートとなったイタリア。今試合で2連勝を収めると、グループステージ突破が決まる。対してスウェーデンは、初戦でアイルランド相手にリードを許したものの、エースFWズラタン・イブラヒモヴィッチが相手のオウンゴールを誘発し、何とか勝点1を獲得。今試合は決勝トーナメント進出に向けて、勝点3を挙げておきたいところ。

 イタリアは、初戦から先発メンバーを1名変更。DFマッテオ・ダルミアンに代えて、MFアレッサンドロ・フロレンツィがスタメン入り。初戦でゴールを挙げたMFエマヌエレ・ジャッケリーニ、MFアントニオ・カンドレーヴァらも名を連ねた。対してスウェーデンはスタメンを3名変更。負傷したDFミカエル・ルスティグに代わってDFエリック・ヨハンソンが、MFオスカル・レヴィッキとFWマルクス・ベリに代わってMFアルビン・エクダル、FWヨン・グイデッティがスタメン入り。イブラヒモヴィッチや、MFキム・シェルストレームらも先発出場となった。

 試合開始10分、イタリアはマルコ・パローロのスルーパスから、フロレンツィがペナルティエリア内左に抜け出してシュート。だがこれはスウェーデンGKアンドレアス・イサクションにセーブされた。その後はスウェーデンが攻勢に出るが、イブラヒモヴィッチにはジョルジョ・キエッリーニのマークが付き、決定的なチャンスを作れないまま膠着状態が続く。

 28分、右サイドでFKを獲得したスウェーデンはシェルストレームからのボールに、ファーサイドのイブラヒモヴィッチが頭で合わせるが、シュートは枠の左に外れる。40分には、イブラヒモヴィッチからのロングボールを、前線に上がっていたセバスティアン・ラーションが胸で落とす。そのボールに反応したグイデッティがダイレクトシュートを放つが、これも枠を捉えられなかった。前半はスコアレスで折り返す。

 後半48分、イタリアはエデルのマイナスの折り返しに、グラツィアーノ・ペッレがダイレクトで右足を振り抜くが、シュートはクロスバー上。スウェーデンは72分にチャンスを迎える。左サイドのマルティン・オルソンが低目の鋭いクロスを供給。ボールはファーサイドに流れて、イブラヒモヴィッチが右足で合わせるが、枠を捉えられず、オフサイドフラッグも上がった。

 スウェーデンは80分、イブラヒモヴィッチが競り合ったこぼれ球から、途中出場のジミー・ドゥルマズがエリア手前中央から左足シュートを放つが、これは枠の右。イタリアは82分、左サイドからのクロスに、ファーサイドのパローロが頭で合わせるが、クロスバー直撃で得点には至らない。

 88分、またも土壇場に試合が動く。イタリアは、キエッリーニのスローインを前線のザザが繋ぐと、ボールを受けたエデルがドリブルを開始。左サイドから相手選手3人をかわして、エリア内中央に進入し、右足を振り抜いてシュートをゴール右隅に決めた。

 試合はこのままタイムアップを迎えて、イタリアが1-0で勝利。2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたスウェーデンは2試合を終えて1分1敗の勝点「1」となった。次節、イタリアは22日にアイルランドと、スウェーデンは同日にベルギーと対戦する。

【スコア】
イタリア代表 1-0 スウェーデン代表

【得点者】
1-0 88分 エデル(イタリア)

SOCCER KING

最終更新:6月18日(土)0時24分

SOCCER KING