ここから本文です

[EURO]ドイツはポーランドの壁破れず…スコアレスドローで開幕連勝逃す

ゲキサカ 6月17日(金)6時21分配信

[6.16 EURO C組第2節 ドイツ0-0ポーランド サンドニ]

 EURO2016は16日、グループリーグ第2節を行い、C組のドイツ代表はポーランド代表と対戦し、0-0で引き分けた。互いに初戦を制した両チームの対戦はスコアレスドローに終わり、勝ち点1ずつを分け合った。

 初戦のウクライナ戦(2-0)から先発一人を変更し、DFマッツ・フンメルスが今大会初先発を飾ったドイツ。立ち上がりから試合の主導権を握るが、ポーランドの堅い守りを攻めあぐねた。前半5分、MFユリアン・ドラクスラーの左クロスにFWマリオ・ゲッツェが頭で合わせるが、ゴール上へ。同12分のDFヨナス・ヘクターのミドルシュートも枠を捉えられなかった。

 互いになかなか決定機をつくれず、遠目からのシュートが目立つ両チーム。ポーランドは前半21分、ブンデスリーガ得点王のFWロベルト・レワンドフスキがミドルシュートを狙うが、DFベネディクト・ヘーベデスが身体を張ってブロックした。

 前半は膠着状態のままスコアレスで折り返したが、後半に入って徐々に試合が動き出した。ポーランドは後半立ち上がり早々の1分、MFカミル・グロシツキの右クロスにFWアルカディウシュ・ミリクが飛び込むが、わずかに合わない。直後の後半2分にはMFトニ・クロースのスルーパスからドイツが決定機を迎えるが、ゲッツェのシュートはGKの正面を突いた。

 ポーランドは後半13分、左45度の絶好の位置でFKを獲得。レワンドフスキがポイントに立つと、クラブでチームメイトのGKマヌエル・ノイアーの裏をかき、ヒールで流してミリクが左足で狙ったが、惜しくもゴール左に外れた。直後の14分にもレワンドフスキにいい形でボールが入ったが、ミドルシュートにはやはりバイエルンで同僚のDFイェロメ・ボアテングがブロックに入った。

 ドイツは後半21分、ゲッツェに代えてMFアンドレ・シュールレを投入。シュールレは左サイドに入ってドラクスラーが右サイドに回り、MFトーマス・ミュラーが1トップにポジションを移した。同24分にはシュールレが左サイドを突破し、マイナスのクロスにMFメスト・エジルが左足で合わせたが、GKが好セーブ。同27分、ドラクスラーに代わってFWマリオ・ゴメスがピッチに入った。

 1点を目指して攻勢に出るドイツだが、ポーランドのディフェンスを最後までこじ開けられず、試合は0-0のままタイムアップ。互いに勝ち点1ずつを積み上げ、C組はドイツとポーランドが勝ち点4、北アイルランドが勝ち点3で続く三つどもえの展開となった。21日の最終節でドイツは北アイルランド、ポーランドは2連敗で敗退の決まったウクライナと対戦する。

最終更新:6月17日(金)6時24分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]