ここから本文です

「東京五輪への推薦状」第17回:獰猛なる甲斐の虎・入間川景太は侵掠すること火の如く

ゲキサカ 6月17日(金)11時0分配信

 2020年東京五輪まであと4年。東京五輪男子サッカー競技への出場資格を持つ1997年生まれ以降の「東京五輪世代」において、代表未招集の注目選手たちをピックアップ

 1年生だった昨シーズンからシンプルに目を惹く選手だった。タフに戦えて、力強く、スピードもある。迂闊なプレーが顔を出すこともあったが、しかしポテンシャルの高さは明らか。絶対的な運動量を要求されるウイングバックというポジションにあって、真夏の群馬であっても強度を落とさずに奮戦する姿は印象的だった。2年生になった今季、ヴァンフォーレ甲府U-18のDF入間川景太はさらに大きな成長曲線を描きつつある。

 父親はスポーツ万能で野球、サッカー、バレーボールの経験者、母親はテニス選手というから、生まれ持ったものもあるのだろう。身体能力の高さは折り紙付きで、中学時代からの恩師である大柴克友監督は「走力、パワー、速さがあって、キックもあるポテンシャルはウチのチームで一番高い」と、その潜在能力の高さを認める。大柴監督はFWやトップ下だったという入間川にサイドバックという天職を与えた人物でもある。

 自身の売りを問われて真っ先に出てきたのは、「やっぱりドリブルです」の一言。スピードを生かして縦に抜き切ってのクロスという一連のプレーには自信を持っており、DFながら重要な攻撃のオプションとして機能している。今季は3バックの一角で主にプレーしているが、大柴監督からは「行けると思ったら、仲間を信じて前に行け。お前の特長を出せ」と言われているそうで、関東クラブユース選手権でも果敢な攻撃参加で対戦各チームを脅かしてみせた。チームが点の欲しい状況になると中盤のアウトサイド、そしてFWへとポジションを上げることもあるのは、その攻撃力に対する信頼があるからこそ。「ジャンプ力はあると思う」と語るように、空中戦での強さももう一つの武器である。

 キャラクターも面白い。「走って戦う姿勢を出せるし、とにかく負けん気の強いタイプ」と指揮官が語るように、旺盛な闘争心と競争心の強さはプロ向きの資質だろう。課題は気持ちの強さが裏目に出て「セルフコントロールが利かないときがまだある」(大柴監督)ことだが、そもそも牙が生えてないような選手よりはずっといい。長くプロで戦ってきた大柴監督から駆け引きの部分での薫陶を受けながら、さらに上を目指している。

「もう一度、ああいう“場”に戻りたい。あのとき一緒にやっていた選手たちが(年代別の)代表にいる。あいつらに負けたくない。代表に入って、そしてプロになる。それが今の目標なんです」

 これは中学時代にメンバー入りしていたU-15Jリーグ選抜について話を振ったときのコメントだが、当時を思い出してテンションが上がり、語気に力強さが出たのは何とも印象的だった。野心、闘争心、向上心にあふれた甲府の野獣系DFは、最後の最後で出場を決めた夏の全日本クラブユース(U-18)選手権での大暴れと、それを機にした代表入りを、虎視眈々と狙っている。

[写真]クラブユース選手権予選で印象的なプレーを見せた甲府U-18の入間川(5番)

執筆者紹介:川端暁彦
 サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長。2004年の『エル・ゴラッソ』創刊以前から育成年代を中心とした取材活動を行ってきた。現在はフリーランスの編集者兼ライターとして活動。『J論』( http://j-ron.jp/ )編集長を務めているほか、ライターとして各種媒体に寄稿。著書『Jの新人』(東邦出版)。

最終更新:6月17日(金)11時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]