ここから本文です

窪田正孝、藤ヶ谷太輔の鼻に「キュンキュン」 劇場版『MARS』初日舞台あいさつ

ぴあ映画生活 6月18日(土)19時43分配信

惣領冬実の大ヒットコミック『MARS』を原作にしたテレビドラマの劇場版『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』の初日舞台あいさつが6月18日に、都内で行われ、ダブル主演の藤ヶ谷太輔と窪田正孝、共演する飯豊まりえ、山崎紘菜、稲葉友、メガホンをとった耶雲哉治監督が出席した。

初日舞台あいさつ その他の写真

藤ヶ谷演じる零、窪田演じる牧生、飯豊まりえ演じるキラの高校生3人を中心に、ピュアで残酷な恋模様が展開する。藤ヶ谷が「ようやく初日を迎えて、うれしい気持ちと寂しい気持ち。朝からキュンキュンさせてすみません」とあいさつすると、駆けつけた女性ファンは大歓声。一方、窪田は「太輔くんが役者として対等に付き合ってくれた。それと惣領先生に心からお礼を言いたいです」と共演者、原作者に感謝の意を伝えた。

共演を機に意気投合したという藤ヶ谷と窪田は、ステージ上でも仲の良さを披露し、客席からは再び黄色い歓声が。「番宣で窪田くんが『パンがいっぱい出てくる映画です』とか言って、後ですごく怒られていた。その姿にキュンとしました」(藤ヶ谷)、「大人に舌打ち500回くらいされました…。僕は番宣でずっと太輔くんの隣にいて、お鼻にキュンキュンしていた」(窪田)とお互いの“キュンキュン”ポイントも明かした。

ヒロインを演じた飯豊は「人生を変える出会いだった」と本作への強い思い入れを語り、「悩むこともありましたが、二人に支えていただき、引っぱってくださったおかげで演じることはできた」と三角関係を繰り広げた藤ヶ谷&窪田に感謝のコメント。共演陣は「稲葉さんとのアドリブでの会話シーンが、本編でバッサリ切られていた(笑)」(山崎)、「そうですね(笑)。主演の二人が現場の空気を作ってくれていた」(稲葉)と振り返った。

『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:6月18日(土)19時43分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。