ここから本文です

台湾「唐奨」永続的な発展賞のローゼンフェルド氏、「非常に嬉しい」

中央社フォーカス台湾 6月18日(土)13時0分配信

(ロサンゼルス 18日 中央社)東洋のノーベル賞とされる「唐奨」永続的な発展賞の第2回受賞者に選ばれた“エネルギー効率の父”、アーサー・ローゼンフェルド氏は、中央社の取材に応じ、このような栄誉を受けられ非常に嬉しいと喜びを示した。

1970年代のオイルショック以降、30年以上にわたりエネルギー効率の向上に取り組んできたローゼンフェルド氏。唐奨を設けている台湾の人々にも、昨年末に採択された地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」を遵守し、目標を達成してほしいと語った。

(曹宇帆/編集:杉野浩司)

最終更新:6月18日(土)13時0分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。