ここから本文です

テレビ業界で勃発! ポスト舛添“櫻井俊”争奪戦

リアルライブ 6月18日(土)16時36分配信

 「ポスト舛添」の1人に挙げられている嵐の櫻井翔の父親で櫻井俊前総務事務次官を我が物にと、テレビ局の間で争奪戦が繰り広げられている。

 退任時でも都知事選への出馬を否定した櫻井氏だが、否定をしてもなお、都民の間での人気は高い。アンケート調査でも必ずといっていいほど上位に上がってくる。

 「当然、息子の櫻井翔の人気という裏づけもありますが、ここまで有名で人気な元官僚もそうはいません。トップ官僚経験者ですから、博識なのは当たり前ですし、これまでにもいろんな場で話をしており、その話しぶりも見事。そこに人気があるんですからテレビ局も放っておかない。情報番組などのコメンテーターとして、説得力は抜群というわけです。いまの段階では都知事選の出馬を否定していますから、何とかその間に、囲い込みを図りたいと、いろいろなテレビ局がその可能性を探りながら、水面下で動いてますよ」とある制作会社関係者。

 一転、出馬となれば、この流れも落ち着くだろうが、それでもテレビ局間での櫻井氏人気は変わらないとも。

 「ショーンKの問題があって、テレビ局も新たなコメンテーターが欲しくても、なかなか動ききれないところがあったんです。ですが、櫻井さんはこの点に関してはまったく問題ないし、仮に出馬して知事になれば箔が付くというだけのこと。各局がいろんな方法で接触を試みています。特に熱を入れているのは日テレでしょうね」と同関係者。

 息子の翔が「ZERO」でキャスターを務めているのもあるが、「翔の妹の舞さんだって日テレなわけですから。この関係を利用しない手はないですし、話題性も十分ですからね」と同関係者。

 出馬しないと明言した櫻井氏だが、その動向にはまだまだ注目が必要だ。

最終更新:6月18日(土)16時36分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。