ここから本文です

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』E3会場での反響は? 小田Pにインタビュー【E3 2016】

ファミ通.com 6月18日(土)4時6分配信

文・取材・撮影:編集部 ロマンシング★嵯峨

●会場ではエキシビションマッチを開催
 2016年6月14日~16日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催された世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016”。本イベントのアトラス/セガブースに、SNKプレイモアのPS4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』(2016年8月25日発売予定)が出展され、格闘ゲームファンの注目を集めた。

 ここでは、会場を訪れていた、SNKプレイモアの小田泰之プロデューサーのインタビューをお届け。

――E3会場での来場者の反応は、いかがですか?
小田 かなりいい反応をいただいて、ほっとしています。

――北米で、36キャラクターがプレイできる最新バージョンが出展されるのは初だと思いますが、とくにどういう反応が印象的でしたか?
小田 新しいキャラクターが増えたので、「使ってくれるかな?」と気にしていたのですが、みんな率先して新キャラクターを使ってくれて、うれしかったです。

――意外な反応はありましたか?
小田 初プレイにしては、うますぎるなって(笑)。

――きっとイメージトレーニングをしてから来てくれたんですね(笑)。さて、いよいよ発売日が近づいてきた『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』ですが、開発状況をお聞かせください。
小田 開発状況は、あとは審査を残すのみです。発売のための準備をしているところですね。パッケージの準備ですとか……。

――先日、ボスキャラとなるアントノフが発表されましたが、彼はどのようなキャラクターなのですか?
小田 今回のKOFの主催者で、見ての通りマッチョな大富豪なんですけど、彼がどういった戦いかたをするのかは、本編で確認していただければと。見た目でだいたいわかるかとは思うんですが(笑)。

――小田さんが、個人的にオススメするキャラクターは?
小田 旧キャラクターの中ではアンディですね。『KOFXIII』では、かなり切れ味のあるアンディだったのですが、その切れ味をさらに追加した感じになっています。初参加のキャラクターですと、ナコルルですね。『KOF』でどんな風になじんでいるか。新キャラクターは全員使っていただきたいんですけどね。シュンエイなどは、非常にストレートで使いやすいと思います。

――初心者にオススメということですね。ナコルルは、トリッキーなキャラクターという印象を受けます。
小田 トリッキーですね、ナコルルは。

――それでは、発売を楽しみにしているファンに、ひと言お願いします。
小田 そうですね、店頭体験会を実施させていただく一方で、どこかのタイミングで、もう一度、広めの場所で体験会をやりたいなと思っています。未定ではあるんですが……。発売まで、いろいろと仕掛けていきたいと思っていますので、お待ちください。24体版から36体版にする際も若干の調整は入っているのですが、さらに製品版に向かって最後まで調整を続けましたので、かなりおもしろいゲームになっていると思います!

――昔遊んでいた人も、初めて触れる人にもオススメということですね。
小田 昔20歳で遊んでくれていた人は、40歳になっていると思います。コマンド入力をするのが難しい、という場合は、カンタンにコンボがくり出せる“RUSH”というシステムがありますので、ぜひ使ってみてください。

最終更新:6月18日(土)4時6分

ファミ通.com