ここから本文です

【シュートボクシング】アジア前哨戦のMIOが新鋭MISAKIとの激戦制す

イーファイト 6月18日(土)23時11分配信

シュートボクシング協会
格闘技イベント「浅草花やしきPresents ヤングシーザー杯 in 花やしき~ act.2」
2016年6月18日(土)東京・浅草花やしき 花やしき座

【フォト】この試合の模様

▼第3試合 女子ミニマム級(48.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○MIO(シーザージム/Girls S-cup-48kg日本トーナメント2015王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●MISAKI(GSB豊橋)

 MIOは16歳でプロデビューを果たし、21歳になった現在までの戦績は20勝(2KO)2敗。昨年10月以来の試合となる今回が及川道場からシーザージムへの移籍第一戦となる。なお、7月7日(木)東京・豊洲PITで開催される女子格闘技の祭典『Girls S-cup 2016』にて、-48kgアジア王者決定トーナメントに挑むことが発表されており、アジア王座獲りへ向けての前哨戦となった。

 1R序盤からパンチを出して前に出るMISAKI。MIOは冷静に前蹴りで突き放し、力強い右ストレートを何度もヒットさせる。今回でプロ3戦目となるMISAKIだが、全く臆することなく2Rも前に出続ける。

 蹴り足をキャッチしてのこかしなどで主導権を握るMIOは3Rには、パンチから左ミドルにつなげていく。

 なおも手数の落ちないMISAKIはパンチ主体の攻めを最後まで見せ試合終了。MIOが判定勝利。格上相手に最後まで攻め続ける戦いを見せたMISAKIは今後注目の新鋭といえるだろう。

最終更新:6月18日(土)23時11分

イーファイト