ここから本文です

<葉加瀬太郎>情熱大陸ライブ15周年「世界的なフェスに」 独占コメント

まんたんウェブ 6月18日(土)17時22分配信

 バイオリニストの葉加瀬太郎さんが、“大人が行く、夏の野外コンサート”をコンセプトにプロデュースしている「情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA」が今年15周年を迎え、7月30日に大阪、8月27日に東京で開催される。また、15年の名場面を振り返り、葉加瀬さんがライブの見どころなどを語る特別番組「15th Anniversary 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'16~さあ、15年目の夏へ~」(MBS、関西ローカル)が19日深夜1時40分から放送される。葉加瀬さんに15周年の思いと、意気込みを聞いた。

 情熱大陸ライブは、MBSのドキュメンタリー番組「情熱大陸」のテーマソングを葉加瀬さんが手がけたことをきっかけに2001年からスタート。若者だけでなく、さまざまな年代が参加できるフェスを目指して、続けられている。豪華アーティストが参加し、さまざまなセッションが展開されるほか、食通の葉加瀬さんが厳選したスペシャルメニューが屋台で楽しめるのも人気となっている。

 葉加瀬さんは15周年を振り返り、「継続は力なり。始めたときは33歳だった。48歳になって規模も大きくなった。(ライブは)熱いんですよ! バイオリンの適正温度は20度、湿度は50%といわれているのに、ライブ会場のちょっと日陰に置いてあった温度計が48.6度、そんなとこでバイオリン弾いたらあかん。1曲弾いたらボロボロやから、酸素を吸いながらやってます」と語り、「音楽の力でお祭りをということで、例えば御堂筋を使って一週間とか、10日間とか音楽を楽しみ世界中から集まるようなフェスにしていきたい」と夢を膨らませる。

 今年のライブについて「毎年のように出ていただいている藤井フミヤさんらファミリーとの再会も楽しみ。もちろんニューフェースとの出会いにも期待しています」と話す。「家族、友達、恋人同士で遠足やピクニック気分で来ていただいて、おいしいビールや食べ物もいっぱいあります。最高の音楽をBGMに夏休みの思い出を作ってください」と呼びかけている。

 ライブは7月30日、大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場で、8月27日は東京・夢の島公園陸上競技場で。いずれも午後12時半開演。出演アーティスト(以下敬称略)は、葉加瀬太郎、藤井フミヤ、押尾コータロー 清木場俊介、May J.、Kalafina、クリス・ハート、ナオト・インティライミ、カサリンチュ、新山詩織、LE VELVETS、miwa(大阪のみ)、家入レオ (東京のみ)ほか。チケットは、ブロック指定8800円、小学生1200円(レジャーシート付き)。

最終更新:6月19日(日)19時29分

まんたんウェブ