ここから本文です

『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』が2.5次元に“革命”を起こす! キラキラ&圧巻のライブに注目

ファミ通.com 6月18日(土)17時56分配信

●キラキラなライブシーンが見どころ!
 本日2016年6月18日(土)より、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』が開幕! 初回公演に先駆けて、マスコミ・関係者向けのゲネプロ公演および囲み取材が行われた。

 原作となる『あんさんぶるスターズ!』は、Happy Elements K.Kより配信中のスマートフォン用アイドル育成ゲーム。舞台化はメディアミックスのひとつとして2015年12月に発表され、マーベラス制作のもと、いよいよ開幕する運びとなった。ファミ通.comでは、キャラクタービジュアル撮影の取材リポートも掲載している。

[関連記事]
・『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』Trickstar、現実にあらわる! ビジュアル撮影現場に潜入リポート
・『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』“UNDEAD”降臨! ビジュアル撮影現場リポート番外編

 ゲネプロ公演の模様をお届けする前に、まずは公演後に行われた囲み取材をリポート。明星スバル役の小澤廉、氷鷹北斗役の山本一慶、遊木真役の松村泰一郎、衣更真緒役の谷水力――作中ユニット“Trickstar”の面々が登壇し、公演へ向けた意気込みを語った。

――まずは、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』の見どころを教えてください!
小澤 今回の舞台はミュージカルとはまた違い、ミュージカルは自分の気持ちやセリフが歌になっていくものですが、今回は「ライブやります!」ということになって、1回歌い出したら3分間全力で歌って踊らないといけないんです(笑)。そういうところがまた新しい舞台だなと思っているので、そんなライブの臨場感が見どころとなっています!

山本 作品のなかにライブがありますが、それは本当のアーティストさんのライブのように、お客様もペンライトを振って一緒に盛り上がれる……ということで、また2.5次元は新しい分野に手を出したな、と(笑)。ここでガッチリお客様のハートをつかんで、成功させたいと思います!

松村 同じになっちゃうんですけど(笑)、ライブでお客さんと一体となって、最後までエネルギッシュに突っ走っていけるのがこの舞台の魅力だなと思います。最後まで全力で突っ走って、倒れるくらいにやっていこうと思います!

谷水 だいたい言われちゃったんですけど(笑)、歌やダンスを本当にアイドルとして練習をしてきたので、みんなが本当にキラキラ輝いていることを伝えられたらいいなと思います。

小澤 力をふくめフレッシュなキャストがいっぱいいますので、ほか舞台とはまた違ったフレッシュ感で勝負したいと思っております!

――それでは、意気込みのほどをお聞かせください!
小澤 僕たちはアイドルとして舞台上に立ちますが、心の底からでないと本当のキラキラした笑顔になれないので、僕たちは「やりきった」という自信を持ちながら舞台上に立って、そしてお客様をキラキラな笑顔にさせたいと思います! フレッシュな軍団と、がんばってこの舞台を成功させたいと思っていますので、応援よろしくお願いします!

山本 原作はすごく大きな作品で、これから観に来てくださるファンの方々は期待とドキドキで緊張しているかもしれないですし、僕たちも緊張しているんですけど、僕たちはステージ上ではアイドルとしてキラキラ輝くので、お客さんもアイドルを応援しにきたという魂を持って、いっしょに参加して、ペンライト振って盛り上がれたらなと思います!

松村 何よりもまず、各ユニットの色が違ってそれぞれのチームワークがあって、それが一体になってすごいパワーを持つんだと思います。そういう各ユニットのチームワーク、色を観ていただきたいというのと、個人的にはTrickstarのチームワークに注目してほしいなと思います!

谷水 それぞれのユニットに絆があって、でもやっぱり最後はみんな全員がひとつとなってこの舞台を作っていくという作品なので、みんなでやり遂げて成功させたいと思います!

――それでは最後に、本作を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージを!
谷水 大きな舞台で衣更真央という役をいただいて、期待感や高揚感もありますが、同時に不安や緊張感もあって僕もすごくドキドキしながらこの舞台に挑みます。それでもアイドルとして輝く姿を観ていただいて、応援していただけるとうれしいです。

松村 原作の持つすごくしっかりとしたストーリーを確実に自分のものにして、2.5次元の、“.5”の部分をしっかり生きていけるようにがんばりたいと思います。

山本 原作がすごく大きく、ファンの皆さんも期待に溢れてると思いますが、その期待に負けないように、皆さんが逆に僕たちのキラキラに押し負けてしまうんじゃないかというエネルギーで僕たちは本番に挑んでいくので、そのエネルギーを受け止められる器で劇場に来てください!(笑)

小澤 17名のキラキラした一番星がいますので、観客の皆様は「眩しすぎて観られない!」という状況になるかもしれませんが、そこは目をかっぴらいて(笑)、最初から最後まで楽しんで観てください。劇場でお待ちしています!

 つぎのページでは、そんな本作をリポート! 一部劇中カットを含むので、ネタバレNG派の方はご注意を!

●夢ノ咲アイドルたちが三次元に降り立った!
 舞台はまず、本作で狂言回し的な役割を果たす嵐と泉、Knightsメンバーふたりの語りからスタート。彼らが“起爆剤”と語るTrickstarの面々が紹介される。舞台となる私立夢ノ咲学院は、アイドルの育成に特化した学院ながら、生徒会が絶対的な権力を握り、“よきアイドル”だけがよしとされる現状となっていた。そんななか、Trickstarというユニットを結成したばかりの北斗はこの現状に危機感を抱き、学院に“革命”を起こすべく、仲間たちや先輩、後輩をも巻き込んで奔走する。

 物語は原作アプリのメインストーリーを軸にした筋書きながら、要所要所で舞台版ならではのアレンジも。原作とは異なり、“革命”に大きく加担し、キャラクターたちに行動を起こさせる“転校生”は出てこないが、オリジナルのエピソードを挟むことでうまく物語をつないでいる印象を受けた。

 そして本作の見どころと言えば、何といっても総勢17名のアイドルたちによる圧巻のライブパフォーマンス! すでにおなじみのユニット曲も、ビジュアルを完全再現したキャストによる全力のダンスが付け加えられることによって、「この曲はこんな風にパフォーマンスされるのか!」という発見があり、“2.5次元化”の醍醐味を感じられるはずだ。Trickstarは輝く笑顔で爽やかに、UNDEADはスタンドマイクを使ってセクシーに、紅月は扇子を翻して硬派に……といった具合に、ダンスの振り付けにもユニットの個性がよく現れている。また本作ではアイドルたちがライブ形式で対決を行うが、その“対決”が具体的なシーンとして表現されているのも舞台ならではの見どころのひとつ。原作ファンであれば「なるほど!」と思わされる演出で、アイドルたちが懸命になる“対決”が、アツく、けれど華やかに描かれていく。

 Trickstarの「Rebellion Star」に乗せてつぎつぎとキャラクターたちが登場するオープニングを始め、クライマックスでキャスト全員で舞台のための新曲「Singin' Star☆」を笑顔で歌い、踊るシーンはまさに圧巻。ストーリーではそれぞれの立場、それぞれの想いが複雑に交錯するぶん、全員がキラキラした笑顔でパフォーマンスする様子は思わず胸が熱くなること請け合いだ。また舞台用の新曲として発表されていた、Trickstarの「Growing Smile」。こちらは爽やかな王道アイドルソングで、彼らのフレッシュな魅力が存分に詰め込まれている。

 舞台初挑戦のキャストも多いなか、Trickstarのなかでも中核となるスバルを演じる小澤、北斗を演じる山本は、視線を惹きつける迫真の演技でカンパニーを牽引。仲間である真央や真との賑やかな掛け合いを完全再現していたほか、“革命”への想いを叫ぶシーンには、人の心を動かすアイドルの根本的な魅力があるように思う。もちろんそのほかのキャストも気合はバッチリで、再現度もバツグン。いずれのユニットも自分たちのユニットに誇りを持ち、個性を見せつけようとする全力のパフォーマンスで、二次元のアイドルたちを鮮やかに、魅力的に舞台上に降臨させていた。

 原作で印象的な各シーンが再現されており「こういうことか!」と思わされる一方、原作では30名以上いる登場キャラクターが絞られることによって、ストーリーの主軸も明確になっているため、原作をプレイしていなくとも十分に楽しめるはず。“胸熱”な青春ストーリーもさることながら、アイドルたちが華麗に、ときに一生懸命に歌い、踊る姿は単純に観ていて単純に楽しい! 6月26日(日)17時開演の千秋楽公演が、全国60館&海外2ヵ所の映画館にてライブ・ビューイングで上映されることも決定しているので、青春をアイドル活動にささげるキャラクターたちのキラキラ輝く雄姿を、ぜひその目で確かめていただきたい。ライブビューイングの実施劇場やチケットなどの詳細は、特設サイトでご確認を!

●『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』公演概要
◆原作:『あんさんぶるスターズ!』(Happy Elements K.K)
◆脚本:赤澤ムック
◆演出:宇治川まさなり
◆出演
明星スバル役:小澤廉、氷鷹北斗役:山本一慶、遊木真役:松村泰一郎、衣更真緒役:谷水力/大神晃牙役:赤澤遼太郎、朔間零役:小南光司、羽風薫役:奥谷知弘、乙狩アドニス役:瑛/鬼龍紅郎役:上田堪大、蓮巳敬人役:小松準弥、神崎颯馬役:樋口裕太/南雲鉄虎役:小西成弥/紫之創役:櫻井圭登/葵ひなた役:山中健太、葵ゆうた役:山中翔太 /瀬名泉役:高崎翔太/鳴上嵐役:北村諒
◆劇場:東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo
◆公演日程 2016年6月18日(土)~26日(日)※20日は休演

最終更新:6月18日(土)18時7分

ファミ通.com