ここから本文です

AKB48、最新記録映画のタイトル発表!予告編映像、キービジュアル、追加場面カットも解禁

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月18日(土)15時24分配信

7月8日より公開されるAKB48のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48」シリーズ第5弾の正式タイトルが、「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」に決定。同時に本予告およびキービジュアル、追加の場面カット全14枚が解禁された。

【詳細】映画「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」予告編映像はこちら

タイトルは結成してから10年以上が経ち、AKB48の存在自体を見つめ直すかのようなタイトルとなり、キービジュアルは「AKB48はなぜ10年続いたのか」「AKBはあと10年続くのか?」というふたつのキャッチコピーが新総監督・横山由依の顔の上に大胆にレイアウトされた、印象的なビジュアルとなっている。

予告編映像ではメンバーはもちろん、様々な著名人を石原 真監督自らが直撃取材をした様子も見ることができる。

【作品概要】
国民的アイドルグループが試される時が来た。
AKB48 の表も裏も知り尽くした男が手掛ける
“最も危険な”ドキュメンタリー、ついに公開!

AKB48 のドキュメンタリーシリーズとして5作目となる今回、満を持して監督に抜擢されたのが元NHK プロデューサーの石原真。「トップランナー」「MUSIC JAPAN」を担当し、「NHK 紅白歌合戦」の参加も12回を数える名物プロデューサーで、AKB48 をブレイク前から追い続け、長年見守り続けてきた人物。ゆえにメンバーやスタッフの信頼も厚く、今まで石原氏だけがこっそりとカメラを回すことが許された現場も数多く存在してきた。
今作では、そんな監督自ら撮り続けて来た“石原カメラ”による秘蔵映像の数々を惜しみなく公開。これまで自粛してきた“出せなかった裏の現場映像”まで解禁していく!
女性アイドルグループとして数々の記録を塗り替え続けて来たAKB48の10周年。初代総監督・高橋みなみの卒業と横山由依新体制への移行の裏で起きた涙のドラマとは? HKT48 の指原莉乃VS.NMB48 山本彩など姉妹グループの台頭、新グループNGT48の誕生、そしてライバル乃木坂46の大躍進など、移りゆく時代とAKB48はどう戦うのか?
さらに石原カメラはメインストリームを走るメンバー以外にも密着。インドネシアでもっとも有名な日本人タレントの一人として活躍する者や、焼き肉店のオーナー社長として奮闘する者など、特異な成功者の実像にも迫っていく!
AKB48 のすべてを知り尽くした男が手掛ける、ドキュメンタリーシリーズ史上“最も危険な” 第5弾、ついに解禁!!

映画情報
「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」
2016年7月8日(金)より、全国ロードショー
企画:秋元康
監督:石原真
出演:AKB48
配給:東宝映像事業部
(C)2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

映画「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」OFFICIAL WEBSITE
http://www.2016-akb48.jp/

AKB48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.akb48.co.jp/

最終更新:6月18日(土)15時32分

M-ON!Press(エムオンプレス)