ここから本文です

19日「父の日」市松模様ネクタイ発売 本宮のカミカワ服飾

福島民報 6月18日(土)9時54分配信

 福島県本宮市のカミカワ服飾(遠藤基栄社長)は19日の「父の日」に向けて、市松模様のネクタイを発売した。市松模様は2020年東京五輪・パラリンピックの大会公式エンブレムにも採用され注目を集めている。
 クールビズが広がる中、日本の伝統模様を採用し、ネクタイに関心を持ってもらおうと企画した。ワイシャツの襟元に引っかけるだけで結ぶ必要のないフックタイプ(税込み4860円)と通常タイプ(税込み4104円)の2種類で、それぞれ藍、紺、紫の3色を用意。同社が開発した表からは見えないネクタイ留め「ウエーブフィッター」が付いている。
 遠藤社長は「工夫を凝らした商品を継続して開発し、逆境をチャンスに変えていきたい」と話している。問い合わせはカミカワ服飾へ。

福島民報社

最終更新:6月18日(土)10時34分

福島民報