ここから本文です

三浦友和、最悪の父親役で「好感度なくした」今後は回復に意欲!

Movie Walker 6月18日(土)16時52分配信

三浦友和主演の映画『葛城事件』の初日舞台挨拶が6月18日に新宿バルト9で開催され、三浦をはじめ、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈、赤堀雅秋監督が登壇。モンスターのような父を演じた三浦が「芸能人として大事なもののひとつである、好感度をなくした」とつぶやき、会場の爆笑をさらった。

【写真を見る】田中麗奈、セクシーなキャピワンピ姿で登場!大きな歓声を浴びた

本作は、抑圧的に家族を支配する父・清がきっかけで、普通に見えていた家族が崩壊していく過程を描く衝撃作。三浦は「これからは優しいお医者さんや、物分かりのいい警察官などそういうものを選んでやっていきたい」と好感度の回復を希望。「こういうお父さんはどうか?」と聞かれた新井、若葉、田中が「イヤ」と声をそろえると、楽しそうな笑顔を浮かべていた。

三浦自身も「友達にいたらイヤでしょう?上司にいたらもっとイヤ」と顔をしかめたものの、「この人の弱さ、孤独に魅力があった」と清に魅力を感じたことを告白。

赤堀監督は「毎シーン毎カットごとに、いいなぁいいなぁと素人みたいに言っていた」と三浦の清役を絶賛し、「行間の部分やニュアンスみたいなものが通じあうのは至難の技。そういうのが、僕はおこがましくも通じ合っている感じがした」と三浦とのタッグに感激しきりだった。

また、三浦は「先週、『64-ロクヨン-』(後編)の舞台挨拶をしました」と公開中のもうひとつの出演作に触れ、「『64-ロクヨン-』は全国323館。この映画は全国13館で公開。でも映画として同じようにスクリーンにかかり、みなさんに観ていただける。僕は『64-ロクヨン-』も好きですし、この映画にも愛情が大きくある。こういうミニシアター系と言われる映画をみなさんの力で是非、発展させてほしい」と愛情たっぷりに語り、会場から大きな拍手を浴びていた【取材・文/成田おり枝】

最終更新:6月18日(土)17時17分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。