ここから本文です

18歳選挙権 漫画形式の啓発パンフ完成

福島民報 6月18日(土)10時3分配信

 参院選で選挙権年齢が「18歳以上」へ引き下げられるのを受け、福島県郡山市の国際アート&デザイン専門学校と県選管委が制作していた漫画形式の選挙啓発パンフレットが完成した。17日、同専門学校で報告会を開いた。
 18歳選挙権の概要や意義、投票方法、候補者の選び方、選挙運動の注意点の4つの物語が描かれている。主人公は高校生で、教室や登下校時が舞台となっている。声優科の学生と高等課程の声優サークルの生徒がラジオドラマ風に登場人物を演じ、録音したCDも作った。
 報告会は制作に関わった学生と生徒約20人が参加した。マンガクリエイト科2年の関あけみさん(20)は「高校生に分かりやすいよう、親しみやすい内容にした」、高等課程3年の吉良真晃さん(17)は「選挙を知るきっかけになった。若者の投票率が上がってほしい」と感想を話した。
 パンフレットは4万部、CDは200枚作り、県内の高校や専門学校、短大、大学に配布した。

福島民報社

最終更新:6月18日(土)10時44分

福島民報