ここから本文です

ゆず、敬意を込めて正装でレコーディング

BARKS 6月20日(月)10時42分配信

ゆずが、坂本九の名曲「見上げてごらん夜の星を」に歌詞とメロディを加筆し、「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」として新たにレコーディング。同曲が、日本生命の新CMタイアップソングに決定した。

1963年に発売されて以来、J-POPのスタンダードナンバーとして愛され続けている「見上げてごらん夜の星を」。ゆずも過去にライブで演奏したことのある楽曲だが、レコーディングを行なうのは初めてだという。今回、北川悠仁が原曲に新たに歌詞とメロディを加筆し、数多のカバー楽曲とは一線を画した一曲が完成した。またゆずをはじめ、スタジオミュージシャンやスタッフ全員が楽曲に敬意を込めて正装でレコーディングに参加したとのことだ。同曲は、6月19日よりオンエアされている日本生命の新CM『Play,Support. それぞれのサポーター篇』で聴くことができる。

また、「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」特設サイトもオープン。レコーディング時の貴重なスチール写真や歌詞のほか、音楽評論家・田家秀樹によるライナーノーツが掲載されているので、こちらもあわせてチェックを。なお、CD化および配信リリースについては現在未定となっている。

  ◆  ◆  ◆

■ゆず コメント
「見上げてごらん夜の星を」と最初に向き合うきっかけとなったのは、2006年。山梨の身曾岐神社で開催した<にほんのうた>というコンサートで披露しました。そのとき、オリジナルの素晴らしさを残しながら、「先人の偉大な方々の想いを受け継いで、なにかチャレンジができないか」と考え、詩・メロディを加えさせていただいたことがはじまりです。

あれから10年の時を越え、「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」と再会することができました。レコーディングでは、誰もが知っている名曲を歌わせていただくことのできる感謝の気持ちを胸に秘めながら、精一杯歌わせていただきました。

また、坂本九さんをはじめ、いずみたくさん、永六輔さん、そして楽曲への敬意を込めて、 ゆず、スタッフ、ミュージシャン全員が“正装”で参加。みんなの心がひとつになって、素晴らしいレコーディングになりました。

半世紀以上前に生まれたこの曲が、2016年という時代でも皆さんにとって特別な、そして大切な曲になってくれることを願っています。
想いを未来に繋げて。

北川悠仁 岩沢厚治

  ◆  ◆  ◆

最終更新:6月20日(月)10時42分

BARKS