ここから本文です

本人もお忍び来場、新宿二丁目で“安室ナイト”

BARKS 6月19日(日)12時15分配信

6月17日に、新宿二丁目にあるAiSOTOPE LOUNGEにて“安室ナイト”<AMR LIVEGENIC 2016>が開催された。

◆盛り上がる“安室ナイト”の画像

“安室ナイト”は、東京・新宿二丁目では11年前から50回以上も行われている有名クラブイベントで、フロアには“安室の音楽”だけが流れ、ステージでは“安室のダンス”を真似たパフォーマンスが披露されるなど、まさに“安室”づくしのナイトだ。

17日のAiSOTOPE LOUNGEでの開催は約1年半ぶり4回目で、会場には約700人の安室ファンが集結。開場とともに入場制限がかかるほど大盛況で、このイベントの人気ぶりが伺えた。

この日のコンセプトは、2015年から2016年にかけて開催された安室の全国ツアーライブDVD&Blu-ray<namie amuro LIVEGENIC 2015-2016>。店内の装飾や訪れたファンのコスプレ衣装をはじめ、ステージで披露されるパフォーマンスなど、すべてがライブDVD&Blu-rayを元に再現されている。

前半の目玉プログラムとなったのは、5組のファンがライブDVD&Blu-rayの中から選んだ1曲をステージ上で披露し、その中からNo.1を決めるコンテスト「Namie_genic」。審査員には、実際に安室ツアーに同行していたダンサーのYUSUKEとRISAに加え、安室の数々のダンスを振り付けたIZUMIが登壇。さらに、グランプリには、安室ツアーダンサー4人をバックに、安室の楽曲「Fashionista」をパフォーマンスできるという“安室ナイト”らしい超豪華特典が贈られた。

後半からは、イベント主催者がパフォーマンスを披露する”AMR LIVEGENIC SHOWCASE”に突入。ダンスはもちろんのこと、安室本人の細かなしぐさまで完璧に再現し、会場を多いに盛り上げた。

そして、その直後、会場にはどよめきが。なんと、安室奈美恵本人がお忍びで来場していたのだ。

その姿に気づいた観客からはナミエコールが巻き起こり、この日一番の大歓声が彼女に送られた。

まさかの本人登場に主催者のバブリーナさんは、「11年間やってきた甲斐がありました!(安室奈美恵が)走り続ける限り、このイベントはやり続けます!」と喜んだ。

この後も、CD発売が決定されたばかりのリオ五輪放送テーマソングの「Hero」から、20年以上前の大ヒットチューンまで安室奈美恵の音楽がフロアを揺らした。

最終更新:6月19日(日)12時15分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。