ここから本文です

<高校陸上>男子400、春日部・鈴木が自己ベストで初V/北関東

埼玉新聞 6月18日(土)10時30分配信

 (第1日・駒沢オリンピック公園陸上競技場ほか=17日)

 埼玉、群馬、栃木、茨城の4県が参加し開幕。男女計9種目の決勝などが行われ、埼玉県勢は4種目で優勝を飾った。男子400メートルは県大会では6位だった鈴木雄太(春日部)が48秒09の自己ベストで初の栄冠を獲得した。

 女子走り高跳びは2年生小池芽生(武南)が1メートル70をクリアし初優勝。3連覇を目指した竹内萌(本庄第一)は1メートル64で5位だった。同400メートルは芝田望笑(埼玉栄)が55秒17で、男子走り幅跳びは塩田クフィー(ふじみ野)が7メートル24で、それぞれ初の頂点に立った。

 男女とも上位6人(競歩4位、混成種目3位までと4~6位の全国記録上位5位)までが全国高校総体(7月29日~8月2日・岡山)に出場する。

最終更新:6月18日(土)10時30分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]