ここから本文です

【動画】各地で30℃超え 内陸や盆地は猛烈な暑さに(18日7時更新)

ウェザーマップ 6月18日(土)7時40分配信

ウェザーマップ

 きょう18日(土)は、広い範囲で気温が上がり、一部の地域では35℃以上の猛暑日となる見込みです。今年一番暑くなりますので、熱中症には十分に注意してください。

 きょう18日(土)は、夏の主役である太平洋高気圧が一時的に強まり、本州付近まで張り出すでしょう。予想最高気温は、東北南部から九州・沖縄にかけて30℃前後です。特に、内陸や盆地で気温が上がり、埼玉県熊谷市では35℃と、全国で今年初めて猛暑日となりそうです。また、東京は32℃、名古屋は33℃と、いずれも今年一番暑くなるでしょう。適度に水分や塩分を取り、直射日光を避けるなど、熱中症に注意してください。
 日中は広く晴れる所が多いでしょう。北海道の雨も次第に止みますが、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所や水嵩が増した川があります。危険な所には近づかないようにしてください。また、九州は梅雨前線の影響で次第に雲が多くなり、夜は雨が降りだすでしょう。(気象予報士・山口津香沙)

最終更新:6月18日(土)7時40分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。