ここから本文です

オールブラックスがウェールズ戦28連勝! フィジーはPNC連覇!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月18日(土)21時51分配信

 ホームにウェールズ代表を迎えている世界王者のオールブラックス(ニュージーランド代表)は18日、ウェリントンのウェストパックスタジアムでテストシリーズ第2戦をおこない、36-22で下し、勝ち越しを決めた。オールブラックスはこれで、対ウェールズ戦28連勝となった。

日本代表、秋は欧州で3連戦。ジョージア、フィジーとも対戦決定!

 オールブラックスは3点を追う前半20分、ゴール前ラインアウトからモールを組んだあと右へ大きく展開し、1年ぶりに黒衣を着たFBイズラエル・ダグが逆転トライを挙げた。

 しかしウェールズは前半終了前、同じくラインアウトからの攻撃でCTBジョナサン・デイヴィスが中央突破して敵陣深くに入り、テンポよくたたみかけて右から左へ大きく振り、LOアラン=ウィン・ジョーンズがゴールラインを越えて、10-10として前半を終える。

 63年ぶりの金星へ向けて後半に先手を取りたいウェールズ。だが、流れを引き寄せたのはオールブラックスだった。
 51分(後半11分)、ラインアウトスチールからチャンスとなり、突破したSOボーデン・バレットがWTBベン・スミスにつなぎ、勝ち越した。55分と59分には、ゴール前のスクラムで優勢となり、8-9のあと、SOバレット、WTBワイサケ・ナホロがそれぞれフィニッシュ。65分には自陣深くからボールを動かしてWTBナホロが左タッチライン沿いをゲインし、ハーフバックのTJ・ペレナラがサポートしてFLアーディー・サヴェアにつなぎ、1週間前にデビューしたばかりの22歳FLが約40メートルを走り切った。

 ウェールズは73分、17フェイズを重ねたのちにWTBリーアム・ウィリアムズがブレイクスルーしてトライを奪い返し、76分にはCTBジェイミー・ロバーツのインターセプトからチャンスとなってCTBデイヴィスもスコアラーとなったが、反撃が遅かった。

 この日はフィジーのスバでもテストマッチ2試合がおこなわれ、パシフィックアイランドに初遠征中のジョージア代表が、トンガ代表との熱闘を23-20で制している。
 また、2019年ワールドカップ予選を兼ねているパシフィック・ネーションズカップでは、白星発進していたフィジー代表がサモア代表を26-16で下して2連勝となり、大会連覇を遂げた。

最終更新:6月18日(土)21時51分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。