ここから本文です

大宮、満員ホームで2勝目を 18日横浜M戦「子どもに勝利見せる」

埼玉新聞 6月18日(土)10時30分配信

 勝ち点25で4位大宮は18日、NACK5スタジアム大宮で同21の8位横浜Mと争う(19時)。第1ステージホーム最終戦となり、3月5日の同開幕戦の柏戦以来のホーム勝利が懸かる。チケットは完売し、満員のスタジアムで渋谷監督は「相手にリズムをつかませずにアグレッシブにやりたい」と全身全霊で今季ホーム2勝目を奪う。

 チームは17日、高木サッカー場で最終調整し、クロスからのシュートやセットプレーなどで試合に備えた。セットプレーの主力組は菊地、河本、奥井、和田、横山、金沢、横谷、沼田、家長、江坂、GK加藤順だった。横浜Mはセットプレーからの得点が武器で河本は「しっかり集中してやれれば」と引き締め、狙いどころを確認した。

 今季ホームは1勝4分け2敗で、渋谷監督は「勝ち切れていない」と悔しがる。横谷は「小さい子たちはホームでしか試合を見る機会がない。その前で勝ってあげたい」と勝利とともに、夢を与えるプレーを目指した。

 横浜MとのJ1通算対戦成績は7勝8分け5敗で、ホームでは3勝6分け1敗。

最終更新:6月18日(土)10時30分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]