ここから本文です

マレー、ラオニチら4強 芝で滑り転倒相次ぐ<男子テニス>

tennis365.net 6月18日(土)15時40分配信

AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は17日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのA・マレー(英国)や第3シードのM・ラオニチ(カナダ)らがベスト4進出を決めた。

選手も困る芝のシューズ

トップハーフのマレーは、主催者推薦で出場のK・エドモンド(英国)と対戦。第1セットを先取したマレーだったが、第2セットでは調子を上げてきたエドモンドに攻め込まれ、セットカウント1-1に。

その後、ファイナルセットでは主導権を握ったマレーがエドモンドに1度もブレークを許さず、2度のブレークに成功。6-4, 3-6, 6-1のフルセットで勝利した。試合時間は1時間50分。

準決勝では、第5シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは、同日の試合でS・ジョンソン(アメリカ)を6-7 (3-7), 6-3, 6-4の逆転で下しての勝ち上がり。

一方、ボトムハーフのラオニチは、第6シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対決。ラオニチは自身の持ち味であるサービスで主導権を握り、バウティスタ=アグを寄せつけない試合を展開。最後は、トータルで19本目のサービスエースを叩き込み、6-1, 6-4のストレートでベスト4進出を果たした。

準決勝では、世界ランク22位のB・トミック(オーストラリア)と対戦する。トミックは、同日にG・ミュラー(ルクセンブルグ)を7-6 (7-5), 4-6, 6-2のフルセットで下しての勝ち上がり。この試合、トミック側のベンチには今年の全豪オープンで現役を引退した元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)の姿が見られた。

また芝のコートは滑りやすく、今回の試合でもマレーやトミックが足を滑らせて転倒する場面があった。

tennis365.net

最終更新:6月18日(土)15時49分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]