ここから本文です

劇的サヨナラ弾の広島・鈴木、規定打席到達で一気にセ打率4位に

Full-Count 6月18日(土)10時25分配信

激戦決着の本塁打に「最高です」絶叫

 17日のオリックス戦で、広島の鈴木誠也がサヨナラ本塁打を放った。延長12回、4時間51分の激戦に決着をつけた一打に、鈴木はお立ち台で「最高です」を連呼した。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 チームの負けがなくなった12回裏、先頭の磯村が二塁打を放ち、無死2塁のチャンスでの打席だった。1球目、2球目と外角に大きく外れる球で、塁を埋めるための敬遠策とも思われたが、「(歩かされるという気持ちは)なかったです。とりあえず甘く入ったところをいこうと思った」と、積極性を失わなかった。

 空振りとファールで追い込まれたが、フルカウントとなった8球目のスライダーをとらえた打球は、レフトスタンドへ飛び込んだ。鈴木は「泳がされたけど、引っかかった感触はあったので、入れと思って走った」と、興奮気味に話した。

 9回のサヨナラのチャンスには、オリックスの守護神の前にサードゴロに倒れていた。「平野さんとの対戦の時、自分の間合いでタイミングが取れていなかった。力んで自分のスイングができなかった」と反省し、次の打席に生かした。「追い込まれてからは、足を上げずにノーステップでいった。なんとか食らいつこうと思った結果が、ああいうスイングになった。結果が出てよかった」と笑顔を見せた。

 この日の6打席で規定打席に達し、打率.313で一気にリーグ4位にランクインした。それでも鈴木は「規定打席は目標だったが、打率のことは全く考えていない。まだまだ先は長いので、悪い時が長くならないようにやっていきたい」と、さらなる飛躍を誓った。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月18日(土)10時25分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]