ここから本文です

“ナポリタン煎餅”大宮で人気 ワインも合うトマト風味、売り切れも

埼玉新聞 6月18日(土)10時30分配信

 堅焼き煎餅をひと口かじると、優しいトマトの洋風味-。スパゲティのナポリタンで活性化を進めている埼玉県さいたま市大宮区で、新たに「ナポリタン煎餅」が誕生した。市内のデパートやスーパーで販売され、午前中に売り切れる日もあるほど人気を集めている。
 
 昨年秋、大宮東口商店街が同市浦和区のイベント・商品企画運営会社「彩の国ブランドフォーラム」(菩提寺由美子社長)に、「大宮土産がほしい」と依頼したのが切っ掛け。
 
 大宮駅周辺では以前からナポリタンを提供する店が多く、最近は「大宮ナポリタン」として売り出し中。菩提寺さんは、こうしたストーリー性があり、保存が利く米菓として、ナポリタン煎餅を思い付く。しかしナポリタンの味でつまずいた。
 
 家庭の味でもあるナポリタンは、誰もが自分の味を持っていて一つの味に絞れない。試行錯誤の末、最終的に自身の母の味をベースにしようと決めた。菩提寺さんは「一生分のナポリタンを食べて研究しました」と笑う。
 
 「お弁当箱にも入っていたわが家のナポリタンは、野菜多めのガーリック入り」と言う。パッケージはお弁当包みをイメージ。個包装の写真は菩提寺さんが作ったナポリタンだ。菩提寺さんは「ナポリタン煎餅で地元がますます盛り上がれば」と話している。
 
 ナポリタン煎餅はイトーヨーカドー大宮店などで、1枚108円で販売中。
 
 問い合わせは、彩の国ブランドフォーラム(電話048・834・5030)へ。

最終更新:6月18日(土)10時30分

埼玉新聞