ここから本文です

ウィンブルドン優勝者は賞金3億円、昨年より6.4%増<テニス>

tennis365.net 6月18日(土)20時43分配信

ウィンブルドン獲得賞金額

6月27日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の今年の賞金総額は前年度より5パーセント増となり、男女のシングルス優勝者には各200万ポンド(約3億円)が贈られる。

錦織 ウィンブルドン過去成績

大会の賞金総額は2,810万ポンド(約42億円)。シングルス優勝者への賞金金額は、昨年より6.4パーセント増となる。

また、男女のダブルス優勝賞金は35万ポンド(約5,200万円)、ミックスダブルスの優勝賞金は10万ポンド(約1,500万円)となっている。

昨年の同大会では男子がN・ジョコビッチ(セルビア)、女子はS・ウィリアムズ(アメリカ)が優勝を飾り、各188万ポンド(約2億8,000万円)を手にした。

【男女シングルス 獲得賞金一覧】

優勝:200万ポンド(約3億円)
準優勝:100万ポンド(約1億5,000万円)
ベスト4:50万ポンド(約7,500万円)
ベスト8:25万ポンド(約3,700万円)
4回戦:13万2,000ポンド(約2,000万円)
3回戦:8万ポンド(約1,200万円)
2回戦:5万ポンド(約750万円)
1回戦:3万ポンド(約450万円)

※6月18日付の為替レート(1ポンド=149円)

tennis365.net

最終更新:6月18日(土)20時48分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。