ここから本文です

フェデラー 19歳ズベレフに敗れる、芝無冠で全英へ<男子テニス>

tennis365.net 6月18日(土)21時49分配信

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は18日、シングルス準決勝が行われ、大会4連覇を狙っていた第1シードのR・フェデラー(スイス)は19歳のA・ズベレフ(ドイツ)に6-7 (4-7), 7-5, 3-6のフルセットで敗れ、今季初タイトル獲得とはならなかった。

錦織47位 フェデラーは5位に

この日、第1セットから一歩も譲らない試合を展開した両者は、サービスキープのままタイブレークに突入。ズベレフにミニブレークを許したフェデラーはその後挽回出来ず、このセットを落とす。

第2セットでも接戦を繰り広げる中、第11ゲームでこの試合初のブレークに成功したフェデラーは、続く第12ゲームでサービスキープし、セットカウント1-1に。

迎えたファイナルセット、フェデラーは2度のブレークチャンスを掴むも活かせず、第6ゲームでズベレフに痛恨のブレークを許してしまう。その後、ズベレフに傾いた流れを自身に引き戻すことが出来なかったフェデラーは、2時間6分で敗れた。

両者は今回が2度目の対戦で、フェデラーはズベレフに初の敗戦を喫した。

フェデラーは今シーズン、1月に行われた全豪オープンの準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、その直後に不注意から膝を痛め手術を受けることになり、全仏オープンでは腰の怪我で欠場を余儀なくされていた。今季は未だタイトル獲得に至っていない。

前週のメルセデス・カップでも準決勝で22歳のD・ティエムに敗れており、今季はグラスシーズン無冠で27日から開催されるウィンブルドンに挑むこととなった。

一方、勝利した世界ランク38位のズベレフは今大会、1回戦で第7シードのV・トロイキ(セルビア)、2回戦でB・ベッカー(ドイツ)、準々決勝でM・バグダティス(キプロス)を破っての勝ち上がり。地元ドイツ期待のルーキーである。

決勝では、第3シードのD・ティエム(オーストリア)とF・マイヤー(ドイツ)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:6月18日(土)21時49分

tennis365.net