ここから本文です

【MLB】岩隈久志、7回4失点も勝利投手の権利を持って降板

Full-Count 6/18(土) 10:34配信

7回9安打4失点も打線が8点の大量援護

 今季6勝目を目指すマリナーズ岩隈久志投手が、17日(日本時間18日)に敵地で行われたレッドソックス戦に先発し、7回を投げて4失点で、勝利投手の権利を持って降板した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 初回の攻撃で2点の援護をもらった岩隈は、1回に先頭ベッツに左翼“グリーンモンスター”に直撃の二塁打を浴びたが、後続はしっかり3人で抑えた。2回、3回も安打で走者を背負うが、得点は許さなかった。

 この日はグティエレスが2打席連続弾を放つなど、序盤から打線が絶好調。4回で7点の援護をもらった岩隈は、代名詞とも言える低めの投球で打たせながらアウトを重ねた。4回裏に先頭ボガーツに左前打を許した後で、続くオルティスに通算521号となる2ランを浴びた。

 だが、5回をわずか8球で3者凡退に仕留めると、6回には無死一、二塁のピンチを迎えるが、後続を中飛と三ゴロ併殺に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 7回は先頭から2連打で無死二、三塁としたところで、2者連続で犠牲フライを許して2失点。この回までに8点を挙げていた打線に助けられた。

 7回を投げて9安打4奪三振1四球4失点(自責4)で、防御率は4.18。92球を投げて64ストライクだった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/18(土) 10:34

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。