ここから本文です

【MLB】岩隈久志が今季6勝目 打線の大量援護で自身2連勝

Full-Count 6/18(土) 11:01配信

自身5戦連続7回以上の力投、ドジャース前田に並ぶ6勝目

 マリナーズ岩隈久志投手が17日(日本時間18日)に敵地で行われたレッドソックス戦に先発し、今季6勝目(5敗)を挙げた。7回を9安打4奪三振1四球4失点(自責4)で、防御率は4.18。チームは8-4で勝利し、2連勝を飾った。

ダル、岩隈、田中…ここ2年でMLBで先発した主な日本人投手の成績比較

 序盤から打線が後押ししてくれた。初回にグティエレスの2ランで先制すると、3回にグティエレスの2打席連続弾となるソロで中押し点。4回には4点を奪う猛攻で、あっという間に7点の援護をしてくれた。

 マウンド上の岩隈は、立ち上がりこそ、やや球が浮く場面もあったが、3回終了まで毎回走者を背負いながらも無失点。7点のリードで迎えた4回に、先頭ボガーツにレフト前安打された直後、強打者オルティスに通算521号となる2点弾をセンターへ運ばれ、2点を失った。

 5回、6回を無失点に抑えると、カノの19号ソロ弾で8点リードに広がった直後の7回に再び失点する。先頭打者からの2連打で無死二、三塁とすると、2者連続で犠牲フライを上げられ、2点を献上。この回を92球(64ストライク)で締めくくり、マウンドを下りた。

 岩隈は5試合連続7回以上を投げ、自身2連勝となる6勝目。チームも2連勝を飾った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/18(土) 11:01

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]