ここから本文です

横山由依、初の総監督として挑んだ総選挙は11位

MusicVoice 6月18日(土)20時19分配信

 [AKB48総選挙開票、18日、新潟]総監督として挑んだAKB48の横山由依(23)は11位に終わった。速報では26位で最終票は58,610票を獲得、昨年の10位から一つ順位を下げる結果となった。

 ファンに深々と頭を下げ「今年はランクを一つ落としての11位なんですけど…」と涙をこらえた。

 「今年は、初の総監督として挑んだ総選挙ですごく不安でした。自分なんかにできるのかなって。本当に総監督として“円陣しかしてないだろっ”て声が聞こえてきたりとか、自分が間違ってたのかなって悩んだりした」

 「そんな時、いつもメンバーと、ファンの皆さんが支えてくれました。ランクが下だろうが上だろうが、自分と向き合えるこの総選挙を、AKB48グループを大切にしていきたい」と最後は前向きな発言で締めた。

 横山由依は過去の総選挙では、2015年は10位、2014年・13位、2013年・13位、2012年・15位、2011年は19位であった。

最終更新:6月18日(土)22時14分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。