ここから本文です

ぱるる8位、横山由依に感謝「正直卒業も考えた」

MusicVoice 6月18日(土)20時37分配信

 [AKB48総選挙開票、18日、新潟]AKB48の島崎遥香(22)は、結果8位に終わり惜しくも神7を逃した。速報では17位で最終票は6万8126票を獲得。昨年の9位より1つ順位を上げるも、あと1歩及ばなかった。

 「私は今年が最後の総選挙だと自分の中で決意しての立候補となりました。正直卒業も考えました。でもそんな時、やめないでって泣いてくれたのが、総監督であり同期の横山由依でした。ありがとう」と横山の方を振り返り、感謝を述べた。

 「今年は私自身、勝負の年だと思っていて、どれだけの人が私のことを必要としてくれて、応援してくれるのか向き合って頑張っていきたいと思います」と意気込みを述べた。

 「最後に、こんなにアイドルっぽくない私を応援してくれたファンの皆さん、こんなアイドルがグループに1人ぐらいいてもいいんじゃないと言ってくれるAKBグループのファンの皆さんへ、感謝の気持ちを込めて最後のスピーチにしたいと思います、ありがとうございました」と頭を下げた。

 司会を務めた徳光和夫アナウンサーは、「素敵な孫娘を持った気持ちです」と祝福した。

 島崎遥香の過去の総選挙では、2015年は9位、2014年・7位、2013年・12位、2012年・23位、2011年・圏外、2010年・28位であった。

最終更新:6月18日(土)22時15分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。